心の風に吹かれて~白い雲のように~

43歳のANA DIA会員(4年目)&JAL JGC会員(2年目)、Amazonヘビーユーザー&楽天ダイヤモンド会員(1年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

今オススメの記事

旅の羅針盤:IHG修行で初! InterContinental Saigonに泊まってみました。 ※のんびりするならクラブルームの利用がオススメです。

ホーチミンシティを訪問した際、IHG修行と社会勉強(?)を兼ねて

f:id:Nagoya1976:20181229194931j:plain

InterContinental Saigon

に泊まってみました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

存在感ある門構え:アップグレードは?

ホテルの入口(いや、エントランスと言った方が相応しいでしょう。)、エントランスには、

以前利用した

nagoya1976.hatenablog.com

InterContinental Frankfurt、

nagoya1976.hatenablog.com

InterContinental Kuala Lumpur

と同様にベルボーイが立ち構えていました。

f:id:Nagoya1976:20181229202010j:plain

(左:日中の様子、右:夜の様子)

f:id:Nagoya1976:20181229202132j:plain

存在感があります。

そして、

f:id:Nagoya1976:20181229202858j:plain
ロビー。

広さはありませんでしたが、お洒落な雰囲気。

年末ということもあって、クリスマスツリーが飾ってありました。

クリスマスが終わると「門松」を飾る日本とは異なり、(海外では?)クリスマスツリーを飾りっぱなしにするんですね。

さて、

今回は、

nagoya1976.hatenablog.com

ANAからIHGの最上級会員「スパイアエリート」の資格を得ての利用。

InterContinental Kuala Lumpurに宿泊した際にはアップグレードがありませんでしたが、今回は、「King Bed Superior Deluxe Room」から

f:id:Nagoya1976:20181229221134j:plain

「Club King Room」にアップグレード。

ただし、

ラウンジへのアクセス権は無し。

というわけで、

追加料金(1泊あたり90 USD)を支払って、ラウンジへのアクセス権を手にしました。

 

スポンサーリンク

 

 

高級感ある館内

f:id:Nagoya1976:20181229221418j:plain

エレベーターホール。

シンプルですが、

庶民の自分の目には、「高級感」あるように映ります。

f:id:Nagoya1976:20181229221659j:plain

「Club King Room」がある階の廊下(左)とエレベーターホール(右)。

こちらも、

高級感が漂います。

さて、

室内の様子ですが、

nagoya1976.hatenablog.com

こちら。

ラグジュアリーホテルに有りがちですが、

f:id:Nagoya1976:20181230115053j:plain

ベッド頭上に設置された「絵画」。

高級感を演出してくれています。

あと、

「なんちゃってスパイアアンバサダー会員の効果(?)」で、

f:id:Nagoya1976:20181229230246j:plain

ウェルカムギフト

が用意されていました。

(子供がバナナを食べただけでした…。)

窓からの眺望は、

f:id:Nagoya1976:20181229230913j:plain

(1つ目)

f:id:Nagoya1976:20181229231121j:plain

(2つ目)

角部屋ということもあり、それぞれについて撮影してみました。

「まずまず」

といったところでしょうか。

見下ろしてみると、

f:id:Nagoya1976:20181230114759j:plain

この通り。

プールも設置(写真右下)されていましたが、日当たりは「あまり良くない」感じでした。

 

スポンサーリンク

 

 

ラウンジの様子とサービス(朝食)

今回、

クラブラウンジへのアクセス権を追加購入したので、滞在中ラウンジを利用することができました。

InterContinental Saigonのラウンジは、

どうだったのでしょうか?

まず、

空間としては、

f:id:Nagoya1976:20181230115317j:plain

f:id:Nagoya1976:20181230115349j:plain

まずまず。

広さはありませんでしたが、落ち着いた感じがありました。

そして、

気になる(?)サービス。

朝食は、

f:id:Nagoya1976:20181230121526j:plain

この通り。

ビュッフェとして提供されている料理の品数は少なかったのですが、

f:id:Nagoya1976:20181230120906j:plain

卵料理やワッフル、フォーを注文することが出来ました。

他にも

f:id:Nagoya1976:20181230122342j:plain

メニューに掲載されている料理を注文することが出来ます。

「一人で複数注文するは恥ずかしい」と感じる方(自分)も居ると思いますが、そこはサービスが行き届いていました。

テーブルから食事が無くなると、「他に何か召し上がりますか?」と聞いてくれるので、気にすること無く注文することが出来ました。

ちなみに、

1階にある朝食会場で戴いた食事は、

f:id:Nagoya1976:20181230123101j:plain

こちら。

提供されていた料理の品数は、とても多く、数泊しても飽きないほど。

一方、

利用者が多く、ざわざわした感じがありました。

 

スポンサーリンク

 

 

ラウンジでのサービス(ティータイム&カクテルアワー)

ティータイムには、

f:id:Nagoya1976:20181230125237j:plain

こちらに掲載されているスイーツを注文することが出来ます。

実際に注文した物が、

f:id:Nagoya1976:20181230125850j:plain

こちら。

ちなみに、

メニューに掲載されている物を全てを注文することも出来ます。

その場合、

アフタヌーンティー定番の「スタンド(3段)」で提供してもらうことが出来ます。

(写真を撮るのを忘れてしまいましたが、オススメです。)

あと、

f:id:Nagoya1976:20181230130813j:plain

クッキーとフルーツは、ビュッフェ形式です。

※フルーツは、パイナップル以外にドラゴンフルーツやパパイヤ、スイカが提供されていました(パイナップルの写真が多いのは、「個人的な好み」のためです。)。

続いて、

カクテルアワー。

InterContinental Saigonのラウンジは、「大人が同伴すれば子供も利用可能」ということで、利用することに。

ドリンクはメニューから注文する形式(ソフトドリンクや缶ビールは、セルフサービスも可)で、食事類はビュッフェ形式。

f:id:Nagoya1976:20181230132016j:plain

提供される料理は「日替わり」でしたが、基本は「お酒のお供」。

小皿で提供されていました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ・感想

庶民の自分からすると、「さすがインターコンチネンタル」という感じでした。

海外のラグジュアリーホテルで有りがちな「年季」を室内の一部の設備で感じましたが、全体的に古いと感じることが無いホテル。

また、

クラブラウンジへのアクセス権を追加購入して、正解でした。

滞在中、多くの時間をホテルで過ごす予定の方には、オススメです。

※宿泊予約は、

Booking.com

こちらからどうぞ。

 


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

 

スポンサーリンク

 

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア