心の風に吹かれて~白い雲のように~

43歳のANA DIA会員(4年目)&JAL JGC会員(2年目)、Amazonヘビーユーザー&楽天ダイヤモンド会員(1年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

今オススメの記事

旅の羅針盤:IHG修行で初! InterContinental Kuala Lumpurに泊まってみました。 ※のんびりするならクラブルームの利用がオススメです。

クアラルンプールを訪問した際、IHG修行と社会勉強(?)を兼ねて

f:id:Nagoya1976:20180816153557j:plain

InterContinental Kuala Lumpur

に泊まってみました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

存在感抜群の門構え&ロビー:アップグレードは?

ホテルの入口(いや、エントランスと言った方が相応しいでしょう。)、エントランスには、

nagoya1976.hatenablog.com

以前利用したInterContinental Frankfurtと同様にベルボーイが立ち構えていました。

f:id:Nagoya1976:20180816181219j:plain

存在感あるエントランスです。

そして、

f:id:Nagoya1976:20180816181453j:plain

ロビー。

空間が贅沢に使われていて、高級感たっぷり。

f:id:Nagoya1976:20180816210728j:plain

(一つ上の階から見たロビーの様子)

さて、

今回は、

nagoya1976.hatenablog.com

ANAからIHGの最上級会員「スパイアエリート」の資格を得て初めての利用。

最安値のデラックスルームにクラブラウンジへのアクセス権を付けたところ、

f:id:Nagoya1976:20180816182243p:plain

数日後には、

「Club Intercontinental Room King」にアップグレード(?)。

f:id:Nagoya1976:20180816183225p:plain

チェックイン2日前まで空室だった「Executive Suite」の表示がチェックイン前日に消えていたので、「Executive Suiteへのアップグレードの予感」。

ところが、

最終的に提供された部屋は、

「Executive Club King Room」。

アップグレードはされましたが、「スパイアエリート&スパイアアンバサダーの威力が炸裂か?」と期待していただけに、

ちょっと残念…。

(世の中、甘くはありませんね。)

 

スポンサーリンク

 

 

格式の高さを感じさせる館内

f:id:Nagoya1976:20180816210140j:plain

エレベーターホール。

庶民の自分の目には、「格式ある」ように映ります。

f:id:Nagoya1976:20180816211216j:plain

「Executive Club King Room」がある階の廊下(左)とエレベーターホール(右)。

こちらも、

高級感が漂います。

さて、

室内の様子ですが、

nagoya1976.hatenablog.com

こちら。

「なんちゃってスパイアアンバサダー会員の効果」で、

f:id:Nagoya1976:20180816211645j:plain

ウェルカムギフト

が用意されていました。

(全く手を付けませんでしたが…。)

窓からの眺望は、

f:id:Nagoya1976:20180816211923j:plain

残念…。

f:id:Nagoya1976:20180816212107j:plain

これほどの高層階にも関わらず、周囲にも負けじと高層ビル…。

 

スポンサーリンク

 

 

ラウンジの様子

今回、

クラブラウンジへのアクセス権を付けていたので、チェックイン&チェックアウトに加え、滞在中ラウンジを利用することができました。

アップグレードは少し期待外れでしたが、8時くらいに到着したにも関わらず、休憩のための部屋を用意してくれました。

また、

到着直後からラウンジを使用することができ、満足。

さて、

InterContinental Kuala Lumpurのラウンジは、

どうだったのでしょうか?

まず、

空間としては、

f:id:Nagoya1976:20180816213303j:plain

高級感たっぷり。

広さはありませんでしたが、

この「広さが無い」点が(庶民の目には)高級に感じられました。

テーブルも

f:id:Nagoya1976:20180816214900j:plain

レストランさながらのセッティング。

 

スポンサーリンク

 

 

ラウンジで、のんびり。

さて、

気になる(?)ラウンジでの食事はというと、

f:id:Nagoya1976:20180816220629j:plain

こちら。

f:id:Nagoya1976:20180816215319j:plain

提供されていたのは、洋食のみ。

卵料理のライブキッチンもありましたが、メインの朝食会場と比べると、提供されていた料理の種類は少なかったです。

というわけで、

メインの朝食会場で戴いた食事も紹介。

f:id:Nagoya1976:20180816221104j:plain

洋食に加えて中華やインド料理、最低限の和食(御飯)が提供されていました。

ただ、

朝食会場は、かなりの賑わい。

利用している人の数が多く、写真を撮る余裕は無し。

「のんびり」かつ「静か」に食事をしたいなら、ラウンジです。

また、

ラウンジでは、ティータイムに

f:id:Nagoya1976:20180816221323j:plain

アフタヌーンティーセット」が提供。

f:id:Nagoya1976:20180816224839j:plain

サンドイッチ等の軽食も戴くことができます。

いずれもオーダーする必要がありますが、飲み物を含め、着席したままで良いという点は「非日常」。

カクテルアワーは、「子供の入場が禁止」&「お酒は付き合い程度」ということもあり、利用せず。

日中に観光をしないのであれば、クラブラウンジは、かなりオススメです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

プールでも、のんびり。

今回の滞在では、

f:id:Nagoya1976:20180816223144j:plain

プールも利用。

f:id:Nagoya1976:20180816225814j:plain

こぢんまりとしていましたが、利用者が少なく、「プライベートプール」を利用しているような感覚に陥りました。

f:id:Nagoya1976:20180816230348j:plain

高層ビルに囲まれていましたが、これが一層プライベートプール感を演出してくれました。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ・感想

庶民の自分からすると、「さすがインターコンチネンタル」と感じる「高級感」がホテルの館内居たる所で感じられました。

海外のラグジュアリーホテルで有りがちな「年季」を室内や館内の所々で感じましたが、クラブラウンジでは、そのようなことは無し。

クラブラウンジのアクセス権を付けて正解でした。

ちなみに、

クラブルーム宿泊者は、1泊につき3点までランドリーサービスを利用できました。

※宿泊予約は、

Booking.com

こちらからどうぞ。

 


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

 

スポンサーリンク

 

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア