心の風に吹かれて~白い雲のように~

41歳のANA DIA会員(2年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

旅の羅針盤:台北にある「台灣昆蟲館」は、台北版「ファーブル昆虫館」。

台北を訪問した際、子供のために(?)、

f:id:Nagoya1976:20170526081613j:plain

「台灣昆蟲館」

に行って来ました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

「台灣昆蟲館」への行き方

「台灣昆蟲館」までの移動は、地下鉄MRTが便利。

「麟光駅」が最寄り駅です。

※動物園に行く途中にあります。

駅の改札を出て左手に進むと、

f:id:Nagoya1976:20170526082201j:plain

「台灣昆蟲館」が視界に入ってきます。

f:id:Nagoya1976:20170526082406j:plain

「カブトムシの看板」が目印。

ところが…、

f:id:Nagoya1976:20170526082524j:plain

営業時間外。

f:id:Nagoya1976:20170526082609j:plain

曜日によって営業時間が異なるので、気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

「台灣昆蟲館」の中は…。

幸い(?)「台灣昆蟲館」の隣にマクドナルドがあったので、そちらで時間を潰して出直し 。

待ちに待った「台灣昆蟲館」の中は、というと。

f:id:Nagoya1976:20170526083408j:plain

入口。

そして、

f:id:Nagoya1976:20170526083507j:plain

「カブトムシが卵から成虫になるまでの様子」が模型で展示されています。

f:id:Nagoya1976:20170526083746j:plain

生きた昆虫や小魚も展示されています。

ただ、

期待していた「昆虫館」とは異なり、どちらかというと、

nagoya1976.hatenablog.com

「ファーブル昆虫館」

と同じような感じでした。

イベントが定期的に開催されているようで、「そのための場所」と理解した方が良さそうでした。

話が逸れますが、「ファーブル昆虫館」では、

nagoya1976.hatenablog.com

nagoya1976.hatenablog.com

nagoya1976.hatenablog.com

このようなことができます。

(オススメです。)

 

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ・感想

ガイドブック等にも掲載されていないだけあって、「地元の方向けの施設」という感じでした。

英語で対応してもらえるかは不明ですが、イベントは、かなり用意されている感じでしたので、中長期滞在される方にはオススメかもしれません。

「台灣昆蟲館」について詳しく知りたい方は、

taiwan.insectweb.org

こちらもどうぞ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア