心の風に吹かれて~白い雲のように~

人生日々修行。空を自由に漂う「雲」のように「心の風」に身を任せ、43歳の「永遠の修行僧Nagoya」が思うがままに書き綴ります。

スポンサーリンク

ANAミリオンマイル修行:シンガポール航空のビジネスクラスでクアラルンプールへ ※まさに「天空のカフェ」

現在、「ANAミリオンマイラー」を目指して修行中。

国際線もANAが御用達の自分ですが、この日は、

f:id:Nagoya1976:20190209150819j:plain

シンガポール航空

を利用。

ビジネスクラスのキャンペーン価格(総額103430円)でクアラルンプールに行ってきました。

人生初の「シンガポール航空」。

そして、

いきなりのビジネスクラス

どのような空間が待っていたのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

離陸まで

今回は、

福岡発。

福岡空港からの出国は、人生初。

とても新鮮。

(たまには地方からの出国も良いですね。)

f:id:Nagoya1976:20190209151316j:plain

優先搭乗させて頂きました。

そして、

ビジネスクラスとのドキドキの御対面。

 

 

 

f:id:Nagoya1976:20190209152358j:plain

 

 

 

f:id:Nagoya1976:20190209152358j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Nagoya1976:20190209152358j:plain

「おぉ!!」
近未来的な空間です。

興奮のあまり、自分が着席するシートを撮影し忘れましたが、着席後は、写真を撮りまくり。

f:id:Nagoya1976:20190209153005j:plain

光沢いっぱいのディスプレイ&オットマン

オットマンは奥に進むにつれて狭まっていく感じですが、実際の使用には問題無し。

f:id:Nagoya1976:20190209171050j:plain

出発まで周りをキョロキョロ見渡します。

f:id:Nagoya1976:20190209170549j:plain

隣は空席。

(中央の席は、ほとんど空席でした。)

f:id:Nagoya1976:20190209194424j:plain

座席の横には、テーブルと収納スペース。

収納スペースは、扉付き(右側の写真2枚)。

テーブルの下には、座席とディスプレイのコントローラー。

f:id:Nagoya1976:20190209194559j:plain

iPhone 6sよりやや大きいくらい。

f:id:Nagoya1976:20190209195019j:plain

窓側には、照明のスイッチ。

上着を掛けるフックもあります(右側の写真の右側)。

 

スポンサーリンク

 

 

食事(福岡-シンガポール):まさに「天空のカフェ」でした。

離陸後、

シートベルトサインが消灯したら、

f:id:Nagoya1976:20190209195327j:plain

早速テーブルをチェック。

(このスタイル、個人的には高評価。)

そして、

f:id:Nagoya1976:20190209195907j:plain

お楽しみの「食事の時間」。

f:id:Nagoya1976:20190209195636j:plain

ジンジャーエールを注文。

そして、

カナッペとして「サテ(シンガポール版の串焼き)」(右側の写真)。

その後は、

f:id:Nagoya1976:20190209201537j:plain

前菜。

続いて、

f:id:Nagoya1976:20190209202306j:plain

メインディッシュ。

今回は、「赤鶏のハニーロースト、グレービーソース」を選択。

メインディッシュの後は、

f:id:Nagoya1976:20190209202520j:plain

デザート。

テニスボールよりやや小さいくらいのアイスクリーム。

美味しさに加えて、

「食べ頃の固さ」に感動!!

申し訳ありませんが、

ANAで提供される「カチカチのハーゲンダッツ」とは、

雲泥の差。

さらに、

f:id:Nagoya1976:20190209202853j:plain

各種チーズ。

もちろん、

f:id:Nagoya1976:20190209203231j:plain

珈琲も。

「カフェ?」と目を疑ってしまうほどの種類。

(ただ、半ば無理矢理オススメの珈琲を提供されましたが…。)

f:id:Nagoya1976:20190209204707j:plain

紅茶の種類も豊富。

その後も

f:id:Nagoya1976:20190209210008j:plain

追加の珈琲(エスプレッソ)とナッツ。

デスクワークがはかどります。

まさに、

「天空のカフェ」。

 

スポンサーリンク

 

 

シンガポール-クアラルンプール:一昔前のビジネスクラスを体験

今回は、

シンガポールで乗り継ぎ。

人生初の「ビジネスクラス乗り継ぎ」。

1日に2回もビジネスクラスに乗れるなんて、疲れも吹っ飛びます。

(そもそも、ビジネスクラスでの移動でしたので、疲れはほとんど無し。)

f:id:Nagoya1976:20190209205625j:plain

搭乗です。

気になる座席は、

f:id:Nagoya1976:20190209213754j:plain

こちら。

「一昔前のビジネスクラス」という感じ。

約1時間のフライトなので、「良し」としましょう。

f:id:Nagoya1976:20190209220433j:plain

収納スペースも、一昔前の雰囲気たっぷり。

機材は「大満足」とはいきませんが、

f:id:Nagoya1976:20190209222409j:plain

サービス(ウェルカムドリンク)は、しっかり。

f:id:Nagoya1976:20190210091545j:plain

軽食(カレー味のトルティーヤ)付きです。

美味しかった!!

飛行時間が短いため、食事が終了すると、直ぐに着陸態勢へ。

 

スポンサーリンク

 

 

復路:クアラルンプール-シンガポール

f:id:Nagoya1976:20190210093001j:plain

復路もシンガポール航空

そして、ビジネスクラス

往路が旧機材でしたので、「クアラルンプール-シンガポール」間のシートは期待していませんでした。

ところが、

f:id:Nagoya1976:20190210093217j:plain

新機材!!

約1時間のフライトとはいえ、嬉しいですね。

f:id:Nagoya1976:20190210095205j:plain

往路(福岡-シンガポール)の機材とは、収納スペースやコントローラーに若干の違いが認められました。
写真にあるように、ヘッドホンはありませんでした。

(近距離路線だからでしょうか?)

復路の軽食は、

f:id:Nagoya1976:20190210100530j:plain

こちら。

タンドリーチキンのピタパンサンド。

美味しかった!!

 

スポンサーリンク

 

 

復路:シンガポール-福岡

シンガポール-福岡」便は、

f:id:Nagoya1976:20190210112535j:plain

新機材。

f:id:Nagoya1976:20190210112714j:plain

往路同様、隣は空席。

シンガポール-福岡」便は深夜発でしたので、着席し、

f:id:Nagoya1976:20190210113442j:plain

ウェルカムドリンクを戴いた後は、早々眠りについてしまいました。

恐らく、

シートベルトサイン消灯後にドリンク等のサービスがあったと思われます。

その後、

目が覚め、シートをフルフラットに変形。

朝食まで眠らせて頂きました。

そして、

f:id:Nagoya1976:20190210113654j:plain

朝食。

朝食にはちょっと「重い」感じのメインディッシュでしたが、完食。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ・感想

今回、

ビジネスクラスのキャンペーン(総額103430円)があり、ANAミリオンマイル修行の一環として利用しました。

(目的地をクアラルンプールにしたのは、シンガポールよりもクアラルンプールの方が宿泊費が安かったため。)

情報のアンテナを張ることは得意ではありませんが、今回は、

www.tomoko-travel.fun


tomoko-air-tokyo様のブログの影響を受けてシンガポール航空のアプリをインストール。

アプリ経由でキャンペーンを見つけることが出来ました。

tomoko-air-tokyo様には、この場を借りて御礼申し上げます。

さて、

人生初のシンガポール航空でしたが、

www.travelvision.jp

2018年No. 1エアラインのサービスには、「納得」の一言でした。

御用達のANAと比較しても、

と、

シンガポール航空の勝利。

お酒が「付き合い程度」&珈琲好きの自分にとって、珈琲の種類が豊富であった点は「感動」の一言。

そして、

「アイスクリーム」。

カフェさながらの状態で提供され、「驚き」と「嬉しさ」、「美味しさ」で感無量。

これらのサービスは、ANAビジネスクラスにも是非導入してもらいたいものです。

一方、

おしぼりを配布する回数は、「もう少し少なくても良いのでは?」と感じました。

(とりあえず受け取って、申し訳程度に手を拭くくらいの時も数知れず…。)

同様のキャンペーンがあれば、間違い無く利用すると思います。

 


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

 

スポンサーリンク

 

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア