心の風に吹かれて~白い雲のように~

41歳のANA DIA会員(2年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

ANAマイレージ修行:「那覇-羽田」往復を連結した「旅作」で予想外の初体験…。

那覇までの「ANAマイレージ修行」と那覇からの「JGC修行」を終えた翌日…。

f:id:Nagoya1976:20170330215128j:plain

国際線乗り継ぎカウンター

の前に居ます。

「旅作」の利用は2回目ですが、

nagoya1976.hatenablog.com

今回は、初めて「那覇-羽田間の往復」を組み合わせてみました。

「人生初尽くし修行」

は、まだ始まったばかり。

 

スポンサーリンク

 

 

 

那覇-羽田間で初体験。

「国際線乗り継ぎカウンター」は、外国人ばかりです。

(当然ですよね。)

那覇空港で「国際線乗り継ぎカウンター」を利用することになるとは…。

これも全て、先輩修行僧の皆様の御陰です。

しかし、

f:id:Nagoya1976:20170330215615j:plain

「優先手続きカウンター」の表示に直前まで気が付かず、延々と(?)並ぶ始末…。

さらに、

チェックインカウンターのスタッフさんからは、行き先を確認される始末。

行き先の確認は普通だと思いますが、行き先が行き先だけに、小心者の自分は、

「何故、羽田経由?」

と思われたのではないかと考えてしまいました。

チェックイン後は、

f:id:Nagoya1976:20170330221431j:plain

ANA SUITE LOUNGEにて、軽めの昼食。

そして、

f:id:Nagoya1976:20170330221516j:plain

デザート(?)。

nagoya1976.hatenablog.com

すっかり虜になっています

お腹も満たされたところで、

f:id:Nagoya1976:20170330221640j:plain

搭乗。

なんと、

f:id:Nagoya1976:20170330221747j:plain

扉の前。

予想外の初体験。

「旅作」に連結させて国内線の座席は、Web上では座席指定を行うことが出来なかったため、チェックインカウンターにて指定をしましたが、まさか「扉の前」とは…。

さらに、

f:id:Nagoya1976:20170330222917j:plain

離着陸時には、

目の前にCAさん。

前を見ることが出来ません。

では、

目線を下に…。

誤解されそうで出来ません。

では、

ギャレーの方に…。

反対側のCAさんが視界に入ってきました。

まさに、

修行。

一方のCAさんはというと、(当たり前でしょうが)自然体。

そして、

自意識過剰な乗客を一人(?)乗せての離陸になりました…。

 

スポンサーリンク

 

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

 

国際線ANA SUITE LOUNGEでのんびり

羽田空港では、

f:id:Nagoya1976:20170331113200j:plain

C-3PO ANA JET」

がお出迎え(?)。

そして、

国際線ターミナルへ。

速やかに出国審査を終え、

f:id:Nagoya1976:20170331114110j:plain

ANA SUITE LOUNGEへ。

スマートにラウンジまで行きたかったのですが、ここで失態。

気持ちが先行し、間違って下りエスカレーターの方に侵入してしまい、

警告音。

※2機あるエスカレーターのうち、「左側が上り」です。

周りには誰も居ませんでしたが、「落ち着け!」という天からのお告げでしょう。

こうして(?)、

小心者の自分は、平常心を取り戻してラウンジに入ることができたのでした。

さて、

f:id:Nagoya1976:20170401112126j:plain

徐々に使い慣れてきた「国際線ANA SUITE LOUNGE」。

ラウンジ内で席を見渡し、お気に入りのボックスシートを確保するために荷物を置くと、予想通りスタッフさんがお出迎え。

※写真を撮っている様子をスタッフさんに目撃されたくない方:スタッフさんからの挨拶とファーストドリンクを受け取った後、写真を撮りましょう。

これには、

まだまだ慣れません。

機内を除いて、ANAのスタッフさんから丁寧な挨拶を戴くのは、

  • チェックインカウンター
  • ラウンジの「レセプションデスク」
  • 「国際線ANA SUITE LOUNGE」内

「国際線ANA SUITE LOUNGE」内では、立った状態で挨拶を受けることが多いのですが(ほとんど?)、デスクや座席という物理的障壁が無く、ドリンクメニューの紹介があるため、ANAスタッフさんとの距離がかなり近くなります。

このような状況に不慣れな自分は、考えた末、

「水、ください。」

特に間を置くこと無く、「ペリエ、御願いします。」がスマートかつお洒落だったかもしれません。

まだまだ、

修行不足。

ファーストドリンクのオーダーを終えたら、

f:id:Nagoya1976:20170401115253j:plain

ビュッフェコーナーへ。

f:id:Nagoya1976:20170331114940j:plain

前菜。

メインは、

f:id:Nagoya1976:20170331115833j:plain

カツカレー。

ビュッフェコーナーの近くの席で一通りの食事を終えた後、

ボックスシート

f:id:Nagoya1976:20170401011935j:plain

デザート。

この2つのケーキ、とても美味しかったです。

そして、約4時間ほどANA SUITE LOUNGEで過ごし、出発です。

 

スポンサーリンク

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

 

「旅作」でまさかの…。

今回の行き先から、プレミアムポイントの単価は無視して、座席は「エコノミークラス」で予約をしていました。

ところが、

 

 

 

f:id:Nagoya1976:20170401120235j:plain

 

 

 

f:id:Nagoya1976:20170401120235j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Nagoya1976:20170401120235j:plain

ビジネスクラス!!

f:id:Nagoya1976:20170401120504j:plain

ANAでの人生初「インボラアップグレード」です。

サービスも

f:id:Nagoya1976:20170401121200j:plain

アップグレード。

飲み物がグラスで提供されます。

120円ほどのコーラも、レモンが添えられれば、

ということでしょう(?)。

そして、

f:id:Nagoya1976:20170401122621j:plain

食事も

アップグレード。

f:id:Nagoya1976:20170401123030j:plain

美味しく戴きました。

 

スポンサーリンク

 

そして、到着したのは…

さて、那覇から羽田経由で約10時間かけて到着したのは、

 

 

 

f:id:Nagoya1976:20170328111832j:plain

 

 

 

f:id:Nagoya1976:20170328111832j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Nagoya1976:20170401123412j:plain

韓国!!

ソウル(金浦空港)にやって来ました。

韓国の地を踏んだのは2回目ですが、前回は、乗り継ぎのために仁川国際空港の近くに1泊しただけ。

今回は、

明洞に宿泊します。

というわけで、

f:id:Nagoya1976:20170401124354j:plain

バスで移動。

明洞行きのバスは、「6番乗り場」。

f:id:Nagoya1976:20170401124507j:plain

「6021番」のバス。

英語圏以外の国の場合、日本語での記載は「嬉しい」ですね。

ちなみに、

明洞までの料金は、7000ウォン(約700円)

しかし、

運転手さんを含めスタッフの誰も英語を話すことができず、「ミョンドン」と強調していた自分は、まさに、明洞の中心街に最寄りのバス停(あったのかも不明?)で降車することに…。

ホテルまで10分ほど歩くことになりました。

ちなみに、

後日、6021番のバス停がホテルから徒歩3~4分ほどの場所にあることが判明。

「言葉の壁」の大きさを身に染みて感じました。

 

※修行終了後のプレミアムポイント

f:id:Nagoya1976:20170401130443p:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

 

スポンサーリンク

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア