読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の風に吹かれて~白い雲のように~

41歳のANA DIA会員(2年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

ホテル紹介:Wakeup Copenhagen, Carsten Niebuhrs Gade

コペンハーゲンで利用したホテルの紹介です。

Wakeup Copenhagen, Carsten Niebuhrs Gade

(スタンダードルーム)

特徴

場所:コペンハーゲン中央駅から徒歩15分くらい。

分類:ビジネスホテル

詳細は、

www.wakeupcopenhagen.dk

 

ベッド

f:id:Nagoya1976:20160725171540j:plain

ベッドのサイズは、ダブルベッドと同じくらい。 

部屋の広さ:大型のスーツケースを開いても、なんとか移動ができる感じ

 

デスク

f:id:Nagoya1976:20160725172216j:plain

奥行きは、最大でノートパソコン2台分。

壁に棚が設置されているが、ノートパソコン1台ならなんとか使用できる。

横幅は、最大でノートパソコン3台分ほど。

LAN:無線、無料

スリッパ:無し

 

洗面所

f:id:Nagoya1976:20160725172450j:plain

バスタブ:無し

シャンプー類:ハンドソープ(石鹸)と使い切りのボディーソープ兼シャンプーが有り

バスマット:無し

バスタオル:有り

ハンドタオル:有り

ドライヤー:有り

歯ブラシ:無し

コップ:有り

 

朝食

朝食会場(2階)にて、ビュッフェ形式の朝食。

極めて最低限の洋食が一通り有り。

卵料理は、ゆで卵のみ。

 

まとめ・感想

1泊朝食無しで750DKK(約12000円)

朝食は、80DKK(約1300円)で追加可能。

 

室内は、まずまずの広さ。

部屋に備え付けられた窓が大きく、窓からの眺めも良い。

一方、朝食は、「買ってくるか、外で食べた方が良い」と感じるほど「割高」。

(中央駅まで行かないと、飲食店やコンビニエンスストアは無し。)

コペンハーゲンのホテルの相場が良く分からないが、個人的には、「高い」と感じた。

あと、中央駅からタクシーを利用しようとしたが、「すぐ近くだ」と言われて断られてしまった。

 

スポンサーリンク