心の風に吹かれて~白い雲のように~

41歳のANA DIA会員(2年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

旅の羅針盤:那覇にある温泉リゾート「琉球温泉瀬長島ホテル」に泊まってみました。 

那覇に行った際、

f:id:Nagoya1976:20170129094126j:plain

琉球温泉瀬長島ホテル」

に泊まってみました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

エントランス&ロビー

エントランスでは、

沖縄定番の

f:id:Nagoya1976:20170129101425j:plain

「シーサー」

がお出迎え。

フロントとロビーは、

f:id:Nagoya1976:20170129101731j:plain

f:id:Nagoya1976:20170129103451j:plain

このような感じ。

ちなみに、

ロビーの目の前は、

f:id:Nagoya1976:20170129104215j:plain

海。

テラスに出ると、

f:id:Nagoya1976:20170129121301j:plain

エメラルドグリーンの海!!

那覇空港から車で15分程度の場所で「エメラルドグリーンの海」を目にすることができるとは…。

嬉しいですね。

ちなみに、

f:id:Nagoya1976:20170129121522j:plain

屋外にはプールもあります。

 

スポンサーリンク

 

 

館内&室内

館内は、全体的に

「高級感」

が感じられます。

f:id:Nagoya1976:20170129122134j:plain

エレベーターホール。

そして、

f:id:Nagoya1976:20170129122409j:plain

廊下。

定番の「ブラウン」と「白」が基調。

ちなみに、

エレベーターホールからも

f:id:Nagoya1976:20170129122529j:plain

海が見えます!!

部屋タイプは、

  • オーシャンビュー
  • エアポートビュー

の2つ。

後は、部屋のグレードによって内装や広さが変わります。

今回宿泊した部屋は、

f:id:Nagoya1976:20170129131853j:plain

オーシャンビューのタイプ。

バルコニーからの眺望は、

f:id:Nagoya1976:20170129130250j:plain

f:id:Nagoya1976:20170129132552j:plain

このような感じ。

非日常の風景を前に

感動&リラックス!!

ちなみに、

f:id:Nagoya1976:20170129185025j:plain

ウミカジテラス

nagoya1976.hatenablog.com

が眼下に。

また、

f:id:Nagoya1976:20170129133016j:plain

このようなチェアーがバルコニーにあります。

そして、

f:id:Nagoya1976:20170129134035j:plain

露天風呂!!

※今回は、「露天風呂付きの部屋」を予約しました。

なんと、

 

 

 

f:id:Nagoya1976:20170129134740j:plain

 

 

 

f:id:Nagoya1976:20170129134740j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Nagoya1976:20170129134740j:plain

いかにも「温泉」という雰囲気。

温泉の水は「熱い」のですが、

f:id:Nagoya1976:20170129134342j:plain

入れている間に冷めますし、

f:id:Nagoya1976:20170129140023j:plain

入れた後に冷ましても良いでしょう。

※水を加えることも出来ます。

大変心地良く、滞在中に5~6回ほど利用してしまいました

気兼ねなく利用できることを考えると、高い宿泊費を払うのもアリだと思います。

その他、部屋の基本的な情報は、

nagoya1976.hatenablog.com

こちら。

温泉についての詳細は、

www.hotelwbf.com

こちら。

あと、室内には、

f:id:Nagoya1976:20170130115052j:plain

館内や食事、観光等の情報を得ることができる「タブレット」。

「おっ!」と思いましたが、結局一度触っただけで利用せず…。

また、

今回宿泊した部屋は「和洋室タイプ」でしたので、

f:id:Nagoya1976:20170130174919j:plain

このような「和室」もありました。

温泉なので、やはり「和」のスペースがあった方が雰囲気が出ますね。

それから、

f:id:Nagoya1976:20170130175541j:plain

トイレが独立して設置。

温泉宿は、やはり(?)、こうあって欲しいですね。

 

スポンサーリンク

 

 

朝食

朝食会場には、

f:id:Nagoya1976:20170130115007j:plain

泡盛のボトルが沢山。

※朝から飲むことはできないようです。

この反対側で、

f:id:Nagoya1976:20170130180012j:plain

料理が提供。

沖縄料理が沢山ありました。

f:id:Nagoya1976:20170130180618j:plain

もちろん、出来たてのオムレツを食べることができます。

f:id:Nagoya1976:20170130181419j:plain

こちらは、2日目の朝食。

2日くらいであれば、飽きないと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

空港からのアクセスが良く、眺望と温泉を期待することができます。

眺望は天候に左右されるので、宿泊先を他にも用意して、キャンセル可能なギリギリの日程で最終判断するのがオススメです

のんびり過ごすことができました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

 

スポンサーリンク

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア