心の風に吹かれて~白い雲のように~

人生日々修行。空を自由に漂う「雲」のように「心の風」に身を任せ、43歳の「永遠の修行僧Nagoya」が思うがままに書き綴ります。

スポンサーリンク

ANAミリオンマイル修行:ANAに終わり、ANAに始まる1年。

現在、「ANAミリオンマイラー」を目指して修行中。

2018年は、

ANAで「飛び納め」。

2019年は、

ANAで「飛び初め」。

今回は、

年末年始のフライトについて紹介したいと思います。

さあ、

どのようなフライトになったでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

往路(飛び納め):成田空港-ホーチミンシティ

まずは、

f:id:Nagoya1976:20190104191911j:plain

「Zカウンター」

でチェックイン。

今回は、

成田空港から「ホーチミンシティ」に出発です。

続いて、

f:id:Nagoya1976:20190104192229j:plain

ANA SUITE LOUNGE。

読者の皆さんからすると、「予想通り」の展開ですね。

というわけで、

珍しい(?)

f:id:Nagoya1976:20190104194450j:plain

「予約席」

を発見したので紹介。

「利用を控えて下さい。」という意味だと思いますが、もしかすると、「予約可能」なのかもしれませんね。

さて、

続いては、「予想通り」の

f:id:Nagoya1976:20190104192745j:plain

食事。

今回は、「控えめ」です。

(「とんこつラーメン」は。子供が食べました。)

ビーフシチュー」と「海老チリ」をANA SUITE LOUNGEで食べたのは初めてだったのでしたが、

「とても美味しい!!」

と、庶民の自分は、大満足。

この後は、

皆さんのブログを訪問しながら過ごしました。

気が付けば、

f:id:Nagoya1976:20190104194932j:plain

夕方…。

ANA SUITE LOUNGEについてもう少し知りたい方は、

nagoya1976.hatenablog.com

こちらもどうぞ。

そして、

f:id:Nagoya1976:20190104195303j:plain

搭乗。

今回は「家族旅行」での利用なので、「エコノミークラス」です。

f:id:Nagoya1976:20190104200126j:plain

ビジネスクラス」を前方に眺めながらの移動です。

さて、

離陸後は、

f:id:Nagoya1976:20190104200337j:plain

ドリンクサービス。

「このドリンクホルダーは便利!!」

と思ったのですが、よく考えてみると、国際線では久しぶりの「エコノミークラス」。

(3月の「羽田-フランクフルト」以来でした。)

というわけで、

f:id:Nagoya1976:20190104203644j:plain

「エコノミークラス」の食事も久しぶり。

スペースが少なくて「食べにくい」という感じはありましたが、(パンは残してしまいましたが)美味しく戴きました。

そして、

f:id:Nagoya1976:20190104204403j:plain

食後のコーヒー。

ビジネスクラスは「珈琲」と表現するべきでしょうが、エコノミークラスは「コーヒー」と個人的には感じてしまいます。

この後は、

映画を観ながら時間を潰しました。

 

※往路の結果

f:id:Nagoya1976:20190104205523p:plain

(2018年の「飛び納め」です。)

 

スポンサーリンク

 

 

復路(飛び初め):ホーチミンシティ-成田空港 

復路も、

チェックインを早々に済ませて(出発時刻の3時間前にチェックインカウンターがオープン。)、

nagoya1976.hatenablog.com

ラウンジへ。

そして、

f:id:Nagoya1976:20190104224016j:plain

搭乗。

復路は、

「足下が広い席」を確保(?)。

実は、

チェックインの際に「足下が広い席」への移動を勧められました。

このような経験は「初めて」でしたので、もしかすると、エコノミークラスで席の調整が生じたのかもしれません。

(1人旅だったらインボラアップグレードされてた??) 

と、

ちょっぴり残念な気持ちと共に帰国の途へ。

復路は深夜便でしたので、

「寝るだけ」

です。

とはいえ、

「エコノミークラス」は、なかなか寝させてくれません。

そして、

眠りに落ちたと思いきや…、

「お食事はいかがなさいますか?」

という声で、強制的に起床。

f:id:Nagoya1976:20190104225038j:plain

朝食です。

本当は寝ていたかったのですが、目覚めてしまったので戴きました。

エコノミークラスの食事でしたが、東南アジア発の便だけあって、

フルーツは「◎」。

 

スポンサーリンク

 

 

国内線「飛び初め」:羽田空港関西空港

日本到着後は「帰宅」と行きたい所ですが、

「帰省」

しました。

庶民の我が家は、少しでも帰省代金を安くしようと、復路のみ「国際線+国内線」で発券。

そのため、

f:id:Nagoya1976:20190104231715j:plain

高速バスで羽田空港へ。

約1時間で到着しました。

「大人1名3100円(子供は半額)」と、なかなかの乗車賃でしたが、

というメリットを考えると、「悪くない」と思います。

羽田空港到着後は、

f:id:Nagoya1976:20190104232628j:plain

ANA SUITE LOUNGE」へ。

いきなり

nagoya1976.hatenablog.com

げんなりする光景を目の当たりにしましたが、

庶民である我が家は、

f:id:Nagoya1976:20190104233511j:plain

放置された食器類が置いてある座席に陣取って「朝食」(写真左)。

そして、

10時のおやつ(写真右)。

ちなみに、今回の旅行では、

往路と復路で「ANA SUITE LOUNGEご利用券」を使用。

国内線のANA SUITE LOUNGEで使用するのは初めてでしたが、

  • 軽食を戴くことができる
  • 今年度の家族旅行は終了

ということで、

ANAダイヤモンド会員の資格を得てから初めての「家族で国内線ANA SUITE LOUNGE」の利用になりました。

その後、

数時間のんびりと過ごし、

f:id:Nagoya1976:20190104233852j:plain

搭乗。

なんと、

www.ana.co.jp

2017年にデビューした「新機材」でした。

(USBを介してスマートフォンの充電ができるのは、嬉しい限り。)

という感じで、

2018年は、

ANAで「飛び納め」。

2019年は、

ANAで「飛び初め」。

 

※修行後のプレミアムポイント&ライフタイムマイル

f:id:Nagoya1976:20190104235334p:plain



 


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

 

スポンサーリンク

 

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア