心の風に吹かれて~白い雲のように~

43歳のANA DIA会員(4年目)&JAL JGC会員(2年目)、Amazonヘビーユーザー&楽天ダイヤモンド会員(1年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、ワンランク上の人生を目指して思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

今オススメの記事

旅の知恵袋:クアラルンプールで洗濯を頼むなら「Mama Wosh」!!

旅先で困ることの一つが、

「洗濯」。

数日間の旅行や利用客用のランドリーが用意されているホテルに宿泊する場合は良いのですが、ホテルが高級になればなるほど利用客用のランドリーが無くなり、割高な「ランドリーサービス」に姿を変えます。

となると、

探すのは「コインランドリー」。

今回は、

クアラルンプール滞在中に「コインランドリー」を探す中で見つけ、利用した

f:id:Nagoya1976:20180928220047p:plain

「Mama Wosh」

を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

「Mama Wosh」は、インターネットで簡単に注文出来ます。

さて、

「Mama Wosh」のHPにアクセスしてみると、

f:id:Nagoya1976:20180928220830p:plain

このような感じ。

f:id:Nagoya1976:20180928221010p:plain

洗濯の後、畳んで返却してもらえます。

プレスサービスもあるので、ワイシャツ等の洗濯を依頼しても大丈夫そうですね。

※今回は、「Wash + Fold」のみ利用しました。

さて、

気になる値段ですが、

f:id:Nagoya1976:20180928221253p:plain

この通り。

1 kgあたり6 MYR(約170円)を見て

「安い!!」

と思ってしまいますが、

f:id:Nagoya1976:20180928222249p:plain

ちょっとした(?)「落とし穴」。

それでも、

大人2名と子供1名分の衣類の洗濯が1000円ほどでした。

となれば、

「安い!!」。

衣類の受け渡しをロビーで行う必要がある煩わしさと、受け渡し時と確認の電話でのやり取りがあるので最低限の会話をする必要がありますが、ある意味安心感があって良かったです。

また、

受け渡しの時間帯も設定できるので、大変助かりました。

登録する住所は、

「ホテルの住所+ホテルの部屋番号」で大丈夫でした。

電話番号は、

携帯電話の番号で大丈夫でした。

※「+81(日本の国番号)」から始まる番号で登録しましょう。

ちなみに、

f:id:Nagoya1976:20180928222622p:plain

「配達エリア」は、この通り。

クアラルンプールであれば、どのホテルに宿泊していても利用可能だと思われます。

クアラルンプールで洗濯をしたくなったら、「Mama Wosh」を試してみて下さい。

 


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

 

スポンサーリンク

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア