心の風に吹かれて~白い雲のように~

43歳のANA DIA会員(4年目)&JAL JGC会員(2年目)、Amazonヘビーユーザー&楽天ダイヤモンド会員(1年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

今オススメの記事

ANAミリオンマイル修行:念願の「家族でビジネスクラス」!!

現在、「ANAミリオンマイラー」を目指して修行中。

この日は、

陸マイラー&修行僧という第二の職(?)を得て以来の念願

「家族でビジネスクラス

を達成した記録と裏話の紹介です。

ちなみに、

向かった先は、

f:id:Nagoya1976:20180915191145j:plain

クアラルンプール!!

(搭乗ゲートの前には、ダイヤモンド会員の列が出来ていました。)

 

スポンサーリンク

 

 

往路:羽田-クアラルンプール

f:id:Nagoya1976:20180915191435j:plain

ビジネスクラス

ゆったりしたシートは、いつ利用しても良いですね。

往路は深夜便ということで、縦3席(窓側2席、通路側1席)を確保。

プライベート感溢れる窓側席は妻と子供に譲り、自分は通路側席へ。

f:id:Nagoya1976:20180915205247j:plain

一見窓側席の方がプライベート感があって良いのですが、窓側席の場合に通路になってしまうスペースを(飛行中のみ)物置として使うことができるというメリットが通路側席にはあります。

飛行中にノートPCのケースや資料が入った鞄を置く場所として重宝します。

ビジネスクラスで仕事をするのは、自分くらい??)

さて、

ビジネスクラス初体験の我が子の様子ですが、

かなり興奮。

陸マイラー&修行僧を始めて4年、

飛行機に搭乗する度に「この席いいなぁ~」と言っていた我が子の願望を叶えることができました。

(子供の喜ぶ姿は、何ものにも代え難いですね。)

ちなみに、

妻は平静を装っていました(?)。

自分はというと、

「冷静そのもの」と思っていましたが、フルフラットにして睡眠を図るも、

眠れず…。

恥ずかしながら、

一番興奮していたのは、自分だったようです。

家族を引き連れる立場上、一睡もしない訳にはいかないので、アルコールを戴いて、何とか眠りに就くことができました。

が、

程なくして

f:id:Nagoya1976:20180915210200j:plain

朝食。

当然(?)、完食できず。

子供は、

爆睡していたため、食事サービスはパス。

結局、

我が子の「初ビジネスクラス」は、「フルフラットシート」を満喫するだけで終わりました。

 

スポンサーリンク

 

 

復路:クアラルンプール-羽田

チェックインカウンターで荷物を預け、(脇目も振らずに)出国審査を通過し、

f:id:Nagoya1976:20180915214455j:plain

「Golden Lounge Satellite」へ。 

皆さんのブログを訪問したり等、1時間ほどのんびり過ごしました。

※「Golden Lounge Satellite」についてもう少し知りたい方は、

nagoya1976.hatenablog.com

こちらもどうぞ。

さて、

復路ですが、

なんと、

f:id:Nagoya1976:20180915215618j:plain

R2-D2 ANA JET」!!

国際線では、初めての利用です。

機内では、

もちろん「マスターヨーダ」がお出迎え。

我が子の記念にと、CAさんにお願いして写真を撮らせてもらいました。

ちなみに、

復路の座席は、

f:id:Nagoya1976:20180915214952p:plain

横並びに確保。

日中のフライトのため、コミュニケーションが取りやすいように、

f:id:Nagoya1976:20180915215414j:plain

ANAのHPから拝借)

座席間の仕切りが稼働式の座席を確保しました。

自分は、

f:id:Nagoya1976:20180915220314j:plain

再び通路側。

離陸後は、

f:id:Nagoya1976:20180915223343j:plain

窓の外の風景をぼんやり眺めながら、ジンジャーエールを戴き、

f:id:Nagoya1976:20180915225923j:plain

「バターフィッシュのソテー 」をメインディッシュに遅めの昼食。

ようやく「ビジネスクラスらしい食事」。

子供も映画を見ながらステーキをぺろりと平らげていました。

食後は、

f:id:Nagoya1976:20180915230334j:plain

デザートと珈琲。

この後も、

「珈琲のおかわり」や「ミックスナッツ」をつまみながらのんびりと過ごし、羽田空港に到着。

復路は、

我が子も「アイスクリーム」を頼む等、ビジネスクラスを満喫したようでした。

 

スポンサーリンク

 

 

クアラルンプールなら、家族3人ビジネスクラスは不可能じゃない!!

多くのブログで「ビジネスクラスで家族旅行に行って来ました。」という記事を目にしますが、その多くは、「特典航空券」を利用してのビジネスクラス

今回、

自分達は、「特典航空券」を使わずに「家族3人ビジネスクラス」を実現しました。

しかも、

「アップグレード」も利用せずの「家族3人ビジネスクラス」。

庶民の自分にとっても「予想外」でした。

というのも、

通常、羽田-クアラルンプール間のビジネスクラスは、往復で

f:id:Nagoya1976:20180915235522p:plain

261870円!!

とてもじゃありませんが、家族3人分は無理です。

(1人分でも無理です…。)

もちろん、この価格でチケットを購入していません。

では、

どうやって?

その答えは、

「キャンペーン」。

ご存じの方も多いと思いますが、

2017年の年末にANAから日本発の料金では破格とも言えるキャンペーンが実施されました。

なんと、

f:id:Nagoya1976:20180916103645p:plain

97870円!!

必要滞在日数が「9日間」という条件付きですが、60%以上の割引。

それでも家族3人では約30万円。

ただ、

エコノミークラスでも

f:id:Nagoya1976:20180916105412p:plain

73870円。

差額が1人あたり25000円ほどでしたので(子供の分はもう少し差額あり)、

「二度と無いチャンス」

ということで、奮発して購入しました。

ちなみに、

f:id:Nagoya1976:20180916111108p:plain

ANAのHPから拝借)

積算マイルのルールに従うと、

f:id:Nagoya1976:20180916111916p:plain

  • 自分:5373✕2=10746マイル(13969~18268スカイコイン相当)
  • 妻:3270✕2=6540マイル(6540~10464スカイコイン相当)
  • 子供:2569✕2=5138マイル(7707スカイコイン相当)

を戴くことができました。

実際には、

32515円相当のスカイコインの還元があったと考えられます。

マレーシアは宿泊費もそれほど高くなく、日本と異なり一部屋あたりの宿泊費で済むので、この手のキャンペーンは、オススメです。

今年も実施されるようであれば再挑戦も検討したいと思っています。

 

※修行後のプレミアムポイント&ライフタイムマイル

f:id:Nagoya1976:20180915230750p:plain

 


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

 

スポンサーリンク

 

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア