心の風に吹かれて~白い雲のように~

42歳のANA DIA会員(3年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

旅の羅針盤:SPG修行で初! Le Meridien Kuala Lumpurに泊まってみました。 ※多くの日本人が利用&ラウンジがオススメ

クアラルンプールを訪問した際、IHG修行と社会勉強(?)を兼ねて

f:id:Nagoya1976:20180817181113j:plain

Le Meridien Kuala Lumpur

に泊まってみました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

エントランス&ロビーの様子:アップグレードは?

KL Sentral駅に直結していることもあり(?)、

f:id:Nagoya1976:20180817184511j:plain

KLIAエクスプレスでKL Sentralに到着した人達は、恐らく、こちらの入口からロビーに向かうことになるかと思われます。

(多くのブログで紹介されている「Hiltonと隣り合わせの入口」)

「エントランス」らしき入口は、

f:id:Nagoya1976:20180818205926j:plain

(タクシー等の乗り降りに使われるため)こちらかと思われます。

そして、

f:id:Nagoya1976:20180817181320j:plain

ロビー。

テカテカしていて高級感がありますが、海外にしては「人口密度が高い」と感じました。

さて、

今回は、

nagoya1976.hatenablog.com

SPGアメリカンエキスプレスカードを所有し、「なんちゃってゴールド会員」の資格を得てから2度目になるSPG系列ホテルへの宿泊。 

Le Meridien Suite Room」を予約していましたので、「アップグレードは無いだろうな」と思っていました。

結果、

アップグレード無し。

予想していたとはいえ、なんとなく寂しいチェックインでした…。

SPGアメリカンエキスプレスカードを所有した「なんちゃってゴールド会員」では、易々とアップグレードはしてもらえないようです。

(世の中、甘くはありませんね。)

 

スポンサーリンク

 

 

高級感ある館内とスイートルーム

f:id:Nagoya1976:20180817181712j:plain

ロビー階のエレベーターホール。

f:id:Nagoya1976:20180817121704j:plain

SPG会員専用の客室がある階の廊下(左)とエレベーターホール(右)。

グレーとシルバーを基調とした空間と

f:id:Nagoya1976:20180819180314j:plain

眺望に、

高級感が漂います。

さて、

室内の様子ですが、

nagoya1976.hatenablog.com

こちら。

SPGアメリカンエキスプレスを所有して「なんちゃってゴールド会員」の資格を有していましたが、

ウエルカムギフト等は無し。

それでも、

2016年あたりに改装されたこともあり、

f:id:Nagoya1976:20180817130335j:plain

最新の設備。

そして、

f:id:Nagoya1976:20180817130651j:plain

数々の芸術作品(?)。

さらに、

f:id:Nagoya1976:20180817130816j:plain

大型液晶テレビ

リビングルーム側とベッドルーム側(この写真の背面)にも大型液晶テレビが設置されており、室内の雰囲気には「満足」。

窓からの眺望は、

f:id:Nagoya1976:20180817122321j:plain

まずまず。

眼下には、

f:id:Nagoya1976:20180817122401j:plain

プール。

 

スポンサーリンク

 

 

ラウンジの様子

今回、

スイートルームに宿泊ということで、滞在中ラウンジを利用することができました。

さて、

Le Meridien Kuala Lumpurのラウンジは、

どうだったのでしょうか?

まず、

空間としては、

f:id:Nagoya1976:20180817123131j:plain

「広い」

という印象を受けました。

その分(?)レセプションデスクは、こぢんまり。

あと、

かなりしっかり冷房が効いていました。

(人によっては、一枚羽織らないと長居が厳しい温度設定)

さて、

気になる(?)ラウンジでの食事はというと、

f:id:Nagoya1976:20180818212435j:plain

f:id:Nagoya1976:20180820104847j:plain

朝食。

一見同じ内容に見えますが、

「日替わりメニュー」も用意されていました(ほとんど戴きませんでしたが…。)。

続いて、

f:id:Nagoya1976:20180817184652j:plain

軽食。

まさに「軽食」という言葉が相応しい内容。

そして、

f:id:Nagoya1976:20180817202331j:plain

f:id:Nagoya1976:20180820105707j:plain

f:id:Nagoya1976:20180820105920j:plain

夕食。

ほぼ全ての料理が「日替わり」。

数泊しても飽きが来ない内容です。

ちなみに、

朝食と夕食時には、洋食に加えて、

f:id:Nagoya1976:20180817202617j:plain

中華系の麺類もありました。

「日替わりメニュー」は、中華~マレーシア料理(?)のような感じでした。

とりあえず、

f:id:Nagoya1976:20180818212718j:plain

1日中、のんびりできる空間でした。

敢えて言うなら、もう少し白味があると「高級感があって良い」と感じたテーブル。

ただ、

座席間のスペースは十分でした。

ちなみに、

メインの朝食会場と、戴いた食事は、

f:id:Nagoya1976:20180817123404j:plain

こちら。

洋食に加えて中華やインド料理、和食(寿司、味噌汁、御飯)が提供されていました。

ラウンジと同様に、

朝食会場も「広い」という印象を受けました。

かなりの賑わいでしたが、

こちらもテーブル間のスペースがそこそこ有り。

多少はゆったりと食事ができるかと思われます。

それでも、

f:id:Nagoya1976:20180819180637j:plain

眺望を楽しみつつ、「のんびり」かつ「静か」に食事をしたいなら、

ラウンジがオススメです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

プールでも、のんびり。

今回の滞在では、

f:id:Nagoya1976:20180817124026j:plain

プールも利用。

プールは、隣接しているHiltonと共有。

Hilton側には、

f:id:Nagoya1976:20180817123922j:plain

「ウォータースライダー」。

Hiltonと共有していることもあり(?)、利用者はそこそこ居ました(ほとんどが日本人、中国人、韓国人)。

「非日常」を感じることは難しいかもしれませんが、

f:id:Nagoya1976:20180819175958j:plain

高層ビルに囲まれての日光浴と

f:id:Nagoya1976:20180819180058j:plain

プールサイドでの食事には、非日常を感じることができました。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ・感想

庶民の自分からすると、「非日常」を感じるホテルでした。

Le Meridien Suite Room」は、リビングルームとベッドルームが独立していた点が高評価。

家族3人が、自宅さながら、思い思いの場所でくつろぐことが出来ました。

クラブラウンジでのサービスは、日中のサービスに物足りなさを感じましたが、夕食が提供された点が個人的には高評価。

ラウンジへのアクセス権も考えて「Le Meridien Suite Room」を予約したのは正解でした。

タクシーに加えてKL Sentral駅が利用できるので、「ホテルでのんびり」+「観光もしたい」という場合には良いでしょう。

あと、

日本人スタッフさんが常駐しているようですので、英語が全くダメな方にもオススメです(SPG修行も兼ねることが出来るので、SFC or JGC修行の際の宿泊先としても良いかもしれません)。

一方、

2016年くらいに改装されたにも関わらず室内の所々で劣化が感じられ、今後の劣化の速さが心配です。

また、

日本人の利用率が(SPG専用階は特に)かなり高いので、気になる方は、避けた方が良いでしょう。

 


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

 

スポンサーリンク

 

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア