心の風に吹かれて~白い雲のように~

43歳のANA DIA会員(4年目)&JAL JGC会員(2年目)、Amazonヘビーユーザー&楽天ダイヤモンド会員(1年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、ワンランク上の人生を目指して思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

今オススメの記事

旅の羅針盤:ハノイの近代的な一面を見ることができる「イオンモール」 ※「ハノイの日本」がここにある!!

ハノイを訪問した際に立ち寄った

f:id:Nagoya1976:20180218210817j:plain

イオンモール

を紹介したいと思います。

aeonmall-long-bien-en.com

 

スポンサーリンク

 

イオンモール」の様子

「発展途上」を感じさせるハノイの郊外(?)にそびえ立つのが、

f:id:Nagoya1976:20180218211302j:plain

イオンモール」。

そこには、ハノイとは思えない「空間」がありました。

f:id:Nagoya1976:20180218214357j:plain

どうですか?

という問いに「普通」と感じた方は、

nagoya1976.hatenablog.com

こちらへ。

ハノイの街中の様子から考えれば、

「信じられません」

と、言いたくなります。

ベトナムの人が居るというだけで、「日本のイオンモール」と何ら変わらない空間。

f:id:Nagoya1976:20180218215424j:plain

「寿司」も売っています。

バラ売り(写真左)に加えて、日本でもお馴染みのスタイル(写真右下)でも販売。

値段は、日本でもお馴染みのスタイルで59000~69000ベトナムドン。

「0」の数が多いので「何円?」と思う方が多数かと思いますが、

「0を3つ除いて、✕5円」

という計算方法をオススメします。

つまり、

日本でもお馴染みのスタイルの寿司は、「約300~約350円」ということになります。

安い!!

ただ、

「大卒の初任給が4万円」

919vn.com

らしいので、「約300~約350円」の寿司も現地の人々から考えれば、「贅沢」ですね。

ちなみに、

f:id:Nagoya1976:20180218221214j:plain

この日は「日本に関するイベント」が開催されており、

f:id:Nagoya1976:20180218223751j:plain

日本人従業員の姿をちらほら目にすることが出来ました。

スマートフォンをいじっているスタッフさんは、日本人ではありません。)

ちなみに、

f:id:Nagoya1976:20180218221513j:plain

日本に縁がある店舗も常設されています。

もちろん(?)、

f:id:Nagoya1976:20180218224043j:plain

「DAISO」も。

40000ベトナムドン(約200円)と、日本より高めの設定ですが、現地に駐在している方々にとっては、心強い存在ですね。

あと、

飲食店にも日系企業が進出していました。

残念ながら吉野屋はありませんでしたが、

f:id:Nagoya1976:20180218221623j:plain

牛角」。

もちろん、

f:id:Nagoya1976:20180218223137j:plain

「食べ放題」は健在。

なんと、

198000ベトナムドン(約990円)。

条件の詳細は分かりませんでしたが、約990円は、

安い!!

他には、

f:id:Nagoya1976:20180218223543j:plain

韓国料理やタイ料理の店舗(写真左)&フードコート(写真右)。

「ここはハノイ?」と疑ってしまいたくなる空間です。

さらに、

f:id:Nagoya1976:20180218224415j:plain

アミューズメント施設

が複数。

日本のゲーム機がそのまま設置されていました。

料金は、「1プレイが約40円~」。

ゲーム好きにはたまらないですね(?)。

ただ、

平日のため(?)、閑散としていました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

まとめ・感想

ハノイの「イオンモール」、

いかがでしたでしょうか?

日本で生活している私達にとっては、「ごく普通」。

しかし、

異国の地に「日本の日常」があるということは、現地に駐在されている方々にとっては、「心の安らぎの場」であること間違い無し。

日本人が生活をするには不便を感じるであろうハノイにおいて、「イオンモール」の存在は、大きいでしょう。

「日本のイオンモール」と何ら変わらない空間でした。

ただ、

f:id:Nagoya1976:20180218230338j:plain

スマートフォンの充電ブースは、「全く」と言って良いほど接触が悪くて使い物になりませんでしたが…。

気になる(?)場所は、

こちら。

旧市街の東側で、旧市街からはかなりの距離。

ただ、

Uberを利用した結果、6000ベトナムドン(約300円)でしたので、時間を持て余した際には、立ち寄るのも良いでしょう。

 


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

 

スポンサーリンク

 

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア