心の風に吹かれて~白い雲のように~

42歳のANA DIA会員(3年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

旅の羅針盤:ハノイの旧市街と旧市街周辺を散策してみました。

ハノイを訪問した際に散策した

「旧市街」と旧市街周辺を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ハノイの旧市街の様子

まず驚いたのが、

f:id:Nagoya1976:20180204205035j:plain

「原付バイク」の数。

f:id:Nagoya1976:20180212150222j:plain

街中で、原付バイクを目にしないことは無いでしょう。

台北

nagoya1976.hatenablog.com

原付バイクが多かったのですが、ハノイは、「所狭し」と原付バイクが走っているので、

要注意!!

(「ひったくり」にも、気を付ける必要があるでしょう。)

交差点は、

f:id:Nagoya1976:20180212153941j:plain

「すごい状態」。

信号機が機能していない場所もあり、警察官が出動(下の写真)。

横断歩道を渡る時も

注意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ハノイの旧市街中心部の様子

旧市街地の中心部に入ると、交通量は若干落ち着き、

f:id:Nagoya1976:20180218165053j:plain

「商店街」。

すると、

f:id:Nagoya1976:20180218165207j:plain

「子供用の自転車」。

値札は付いていませんでしたが、これも「売り物」でしょうか?

あと、

ベトナムと言えば、

f:id:Nagoya1976:20180218165341j:plain

ベトナムコーヒー」。

旧市街の至る所にコーヒーショップがあり、どの店舗が良いか分からなくなるほど。

(ちなみに、写真に写っている店舗は、適当に撮ったので、オススメかどうかは分かりません。)

triplifego.com

こちらのブログが参考になるでしょう。

他には、

f:id:Nagoya1976:20180218170807j:plain

「旅行会社」

も多数。

世界遺産ハロン湾」観光の案内がメインでしたが、両替も行ってくれるので、個人的には助かりました。

コンビニエンスストアは、

f:id:Nagoya1976:20180218170955j:plain

サークルK

を目にしただけでしたが、

newswitch.jp

実際には、

日系のコンビニエンスストアを含め、かなり数が増えてきているようです。

そして、

f:id:Nagoya1976:20180218171233j:plain

コンビニエンスストア以外にも日本文化の進出が目に留まりました。

一方、

ベトナム文化

f:id:Nagoya1976:20180212224406j:plain

「売り子」

もちらほら。

ベトナム定番の「笠帽子(ノンラー)」を被っていて、ベトナムの文化が漂ってきます。

「自分用のお土産」にも良いですね。

購入可能な場所については、

blog.livedoor.jp

blog.livedoor.jp

こちらが参考になるかもしれません。

現地価格は「150~200円」という感じですが、

www.worldsp.jp

ネットで購入しても「900円」。

手荷物で持ち運ぶ手間や壊れやすさ等を考えると、(お土産感が薄れますが)ネットで購入しても良いかもしれません。

(「被って行く」という手段もありますが…。)

あと、

f:id:Nagoya1976:20180218172852j:plain

このような光景も。

「レンガを積み上げただけ」に見えるのですが、

「階段だからですよね?」。

ちょっと不安になりました。

そして、

カンボジアプノンペン)でも目にした

f:id:Nagoya1976:20180218180425j:plain

「電線」。

日本では考えられませんが、これが東南アジアでは「普通」なのかもしれません。

カンボジアプノンペン)旅行の様子は、

nagoya1976.hatenablog.com

こちら。

 

スポンサーリンク

 

 

旧市街周辺

東南アジア独特の雰囲気があった「旧市街」でしたが、ちょっと歩くと、

f:id:Nagoya1976:20180218173926j:plain

高層ビル。

ハノイでも、近代化が進んでいました。

そして、

期待をして、

f:id:Nagoya1976:20180218174428j:plain

ハノイ駅へ。

ところが、

f:id:Nagoya1976:20180218174614j:plain

ベトナム版「緑の窓口」とベンチ

以外には、

コンビニエンスストアがあるだけ…。

食事でもしようと思っての訪問でしたが、

期待外れ!!

ちなみに、

f:id:Nagoya1976:20180218175906j:plain

「近代化の波」は、鉄道にも及んでいました。

(日本とは異なり、電車が到着するまで(?)ホームに立ち入ることが出来ないようでした。)

 

スポンサーリンク

 

まとめ・感想

ハノイの旧市街と旧市街周辺、

いかがでしょうか?

個人的には、

カンボジアプノンペン)の方が都会」

と感じました。

(と言っても、どちらも「発展途上感」いっぱいでしたが…。)

原付バイクが多い一方、「トゥクトゥク」はゼロ。

ただ、

旧市街では、

f:id:Nagoya1976:20180218194124j:plain

このような「人力車」や、

f:id:Nagoya1976:20180218194511j:plain

「電動自動車」を良く見かけました。

いずれも観光客向けの交通手段ですが、歩く必要が無いので、店舗に立ち入らず、「主要な観光スポット」と「街並み」だけを見るには最適だと思います。

ちなみに、

旧市街の北側の端には、

nagoya1976.hatenablog.com

「ドンスアン市場」

もあるので、旧市街を観光するついでに立ち寄ってみて下さい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

 

スポンサーリンク

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア