心の風に吹かれて~白い雲のように~

41歳のANA DIA会員(2年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

【速報】不動産案件で一撃27000ANAマイル相当のポイントを獲得 ※ポイント獲得までの流れを紹介します!!

陸マイル活動において、

「ローリスク・ハイリターン」

は、誰もが望むところ(?)であると思います。

これは、

陸マイル活動開始直後は、

「クレジットカード案件」や「FX案件」で「ローリスク・ハイリターン」を実現できます。

※「FX案件」については要注意

nagoya1976.hatenablog.com

数ヶ月前までは、

nagoya1976.hatenablog.com

「マッサージ案件」もありましたが、これは終焉を迎え、

最近は、「飲食店のモニター案件」や「商品購入案件」で、

細々…。

その中で、

f:id:Nagoya1976:20171201103138p:plain

27000ANAマイル相当

のポイントを「たった一つの案件」で獲得。

その内容を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

「電話面談」&「直接面談」の内容と様子

今回申し込んだのは、

www.ga-tech.co.jp

「株式会社GA technologies」

の案件。

ポイントサイト「ハピタス」経由で申し込むと、2日後に電話があり、簡単な確認の後、電話面談の日程が確定。

DVDが送付される前に電話面談を行いました。

電話面談では、

  • 職場
  • 年収
  • 家族構成
  • 不動産投資の理由

を質問された後、電話面談の前に送られてきたメールに添付された資料の説明。

約1時間ほど…。

「一撃27000ANAマイル相当のポイント」の案件だけあって(?)、ポイント獲得条件とは無関係の1時間を浪費。

ただ、

終始iPhoneを置いてハンズフリーの状態で(他のことを行いながら?)聞いていたので、(不動産投資の話自体が初めてであったこともあり)思っていた以上にあっと言う間の1時間でした。

ちなみに、

「不動産投資の理由」は、「老後が不安」という回答で結果的に問題ありませんでした。

あと、

電話面談の最後には、「直接面談」のお願いをしました。

実際には、

「今日の話を元にして、もう一度資料を見直してみます。」

「気になる点や分からない点が出てくると思うので、後日質問しても良いでしょうか?」

「実際に投資をする場合、どの会社のお世話になるかも重要なので、御社で仕事をされている方が、どのような方であるかを直接感じたい。」

ということを伝えました。

最後の

「実際に投資をする場合、どの会社のお世話になるかも重要なので、御社で仕事をされている方が、どのような方であるかを直接感じたい。」

が良かったのか悪かったのか、

本社に招待されることに…。

さて、

いよいよポイント獲得の必須条件である「直接面談」です。

10年以上ぶりの「恵比寿」。

緊張しながらオフィスに向かうと…。

無人の受付。

というよりは、受付自体が存在せず、インターホンで呼び出す形式でした。

オフィスは、「広々」という印象。

応接室(会議室?)が数部屋あり、綺麗かつシンプル。

www.renosy.com

「Renosy」というアプリも提供しており、費用配分にメリハリがある会社であるように感じました。

さて、

肝心の(?)面談はというと、電話面談の時とは異なる担当者が対応。

忘れずに、名刺交換。

最初は、

電話面談の時と同様に世間話をしながら

  • 職場
  • 年収
  • 家族構成
  • 不動産投資の理由

について。

その後、とある物件を例にシミュレーション。

「空室期間」等のリスクを含めてのシミュレーションに安心感を抱く人も多いでしょう。

ちなみに、

物件の価格は2000万円。

23区の地区0年の1K物件(21.55平方メートル)が2000万円です。

(高いのか安いのか、良く分からず…。)

ただ、

いわゆる「不労所得」を得るために2000万円の借金(自分はキャッシュで払うことができないので)を背負うのは、ちょっと躊躇ってしまいます。

担当者は、

「住人がローンを払ってくれます。」

とは言うけど、

「これから人口は減って行きますよね?」

と切り返す自分。

これに対して、

どこに根拠があるのか分かりませんが、

「東京は大丈夫です。」

と言う担当者。

しかも、

「賃貸料は、ほとんど下がりません。」

とのこと。

シミュレーションでは、購入時(築10年)の賃貸料が77500円に設定。

それが、

30年後、70525円に設定されていました。

「30年で家賃が7000円しか下がらないって、本当?」

と、誰しも思うはず。

「勉強になりました。」

と感謝の意を伝えると共に、

「住んでいる人がローンを払ってくれるとはいえ、2000万円のローンを組むことに変わりは無いので、じっくり考えてみます。」

「御社以外にも面談を申し込んでいるので、他の会社と御社の違いを理解したい。」

ということを伝えて面談終了。

電話面談の時と同様に、約1時間が経過していました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ・感想

不動産案件、

いかがでしょうか?

個人的には、ポイントの獲得抜きに「話を聞いて良かった」と感じています。

ただ、

「2~3件の購入を勧めています。」

と言われ、

ドン引き。

リスク回避を目的に、東京だけではなく、大阪等にも所有することを勧めているようですが、

「いったい誰がやるの?」

です。

6000万円の借金なんて…。

いくら「住んでる人がローンを払ってくれます」と言われても、空室になったら、気になって寝れなくなりそうです。

というわけで、

GA technologiesの面談を終えての判定は、

「不動産投資はダメ」

です。

※あくまで、個人的な意見です。

確かに、送られてきたDVDに出演されている方のように成功を収めている人も居るでしょう。

ただ、世代が違います。

DVDに出演されていた方は、60代くらいの方でした。

あまり(ほとんど?)参考にならないでしょう。

さあ、

皆さんはどうしますか?

f:id:Nagoya1976:20171201235614j:plain

まだまだ高ポイントを獲得できそうですので、

やるしかない!!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

 

スポンサーリンク

 

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア