心の風に吹かれて~白い雲のように~

41歳のANA DIA会員(2年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

騙されるな!!:PCデポのタブレット付デジタル雑誌定期購読に仕掛けられた「落とし穴」

1年前、

nagoya1976.hatenablog.com

このような記事を書かせて頂きました。

弱小ブログながらも皆さんにご好評だったようですので、「その後」について記事にしたいと思います。

ところで、

PCデポ」をご存じでしょうか?

www.enjosokuhou123.com

biz-journal.jp

悪質な詐欺で世間を賑わせてくれましたので、気になる方も多いと思われます。

 

スポンサーリンク

 

 

iPad Air 2の入手まで

実は、

PCデポで契約した

「デジタル雑誌定期購読」

に付属してくるタブレット「交換アップグレード保証」でiPad Air 2を手に入れました

なんと、この「交換アップグレード保証」、

契約して2年後に

「最新の機種に交換できる」

というもの(実は、これがちょっとした落とし穴)。

契約当時、

この「交換アップグレード保証」が無料でした

実際に契約していたのは、

www.pcdepot.co.jp

「デジタル雑誌の定期購読(3年間)を契約すると、iPadを含めたタブレットが付いてくる」というもの。

※月額は、定期購読する雑誌とタブレットによって変動します。

自分は、

iPad Air(16 GB)+「PRESIDENT」

を契約。

iPad Airは、WIFIモデル。

気になる契約価格は、

税込み1620円/月

36ヶ月契約なので、

総額58320円。

これに加えて、

iPad安心保証パック(税込み3240円)に加入。

※2年間に1回だけ、物損・修理交換が保証されます(免責金額:購入機器の店頭販売価格の10%)。

総額:61560円(税込み)。

総額で考えると、なかなかの値段。

ちなみに、「PRESIDENT」は、

www.fujisan.co.jp

当時、税込みで年間12960円。

さらに、

当時、キャンペーン中(プレジデントキャンペーン)で、税込みで3年間30780円。

つまり、

61560円ー30780円=30780円がiPad Air(16 GB)の実質的な代金(?)。

契約当時のiPad Air(16 GB)の販売価格を覚えていないのですが、

税込みで(?)、40824円。

「あれ?」

1万円以上も得していますね…。

デジタル雑誌の中に自分のお気に入りがあれば、絶対にオススメだったのでした

さらに、目玉は、

「交換アップグレード保証」。

なんと、

無料で、

iPad Air 2(32 GB)

を戴いてしまいました。

iPad Air 2(32 GB)は、

www.apple.com

税込みで46224円。

なんと、

61560円の支払いで、総額117828円(87048円分のiPad製品+30780円分のデジタル雑誌)を手に入れてしまうことになります。

56268円の儲け?

(実は、計算を誤っていました…。)

※正確には、

61560円の支払いで、総額77004円(46224円分のiPad製品+30780円分のデジタル雑誌)を手に入れてしまうことになります。

15444円の儲け。

しかし、

世の中甘くはなく、実際には異なりました…。

 

スポンサーリンク

 

 

PCデポタブレット付デジタル雑誌定期購読は「お得」なのか?

タブレット付デジタル雑誌定期購読を契約して、契約者側に56268円の儲けが生じるなんて、

biz-journal.jp

ということがあっただけに、

怪しい雰囲気いっぱい。

というわけで、

解約に伴う違約金を見てみましょう。

まず、

課金開始月に解約した場合、

違約金の総額は、78700円

  • デジタル雑誌分:36000円
  • iPad Air分:42700円

58320円相当の物に対して78700円の違約金ですから、契約者側は、

大損 。

次に、

課金開始月以降に解約した場合、

  • デジタル雑誌分:36000円ー1000円✕経過月数
  • iPad Air分:42700円ー742円✕経過月数

デジタル雑誌は、36ヶ月以降は違約金が発生しません

一方、

iPad Airについては、

36ヶ月目に解約すると、「機器一式の返却」か「16000円での買取」になります

それ以降は、

16000円ー552円✕(経過月数ー36)

66ヶ月以降に解約した場合、違約金が発生しなくなります

利用者が混乱しやすい点は、

「違約金が発生しなくなる時期のズレ」

にあります。

ひとまず、

「36ヶ月目に解約する」

のがベスト(?)と判断。

ちなみに、

先程算出した儲け15444円と違約金(買取金)16000円を差し引きすると、

15444円ー16000円=ー556円。

556円の損。

(まずまず?)

ただ、

biz-journal.jp

このような問題があっただけに、どこかに落とし穴がある予感(?)

 

スポンサーリンク

 

1年後に待ち受けていた「落とし穴」

契約開始から36ヶ月目。

いよいよ解約。

iPad Air 2を買い取る気満々でしたが…。

提示された買取金額は、

44124円。

予想していた16000円ではなく、28124円高い44124円。

予想外の金額に

「驚き」。

1なんと、

1今回iPad Air 2に交換アップグレードをしましたが、経過月数は、アップグレード時にリセットされます

1実は、

1前回の記事では、この部分の解釈を「一番最初の契約が引き継がれる」としており、

1解釈が間違っていました!!

さすが、PCデポ

(確認を行った自分も不注意でした…。)

というわけで、

買い取ると、

「28680円の損」。

一方、

iPad Air 2を買い取らず(44124円を払わず)、返却すると、

「61560円の支払いで、総額77004円(46224円分のiPad製品+30780円分のデジタル雑誌)相当のサービスを利用できた」

ことになります。

差額の(77004円ー61560円=)15444円でiPad Air 2を下取りしてもらったことになりますが、

www.sofmap.com

ソフマップの場合、

下取り価格25000円。

(買取最高額です。)

PCデポが提示している価格は、かなりの低価格。

だからと言って、

1年使用したiPad Air 2を44124円で買い取る気にはなれませんでした。

何故なら、

iPad Air 2が必要であれば、Amazonで新品を購入した方が良い」と判断しました。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ・感想

結局、

iPad Air 2を返却。

iPad(2年)+iPad Air 2(1年)+3年(30780円)分のデジタル雑誌」の利用料として61560円を支払ったことになります。

つまり、

サービスの総額「77004円」の内訳は、

  • デジタル雑誌(3年間):30780円
  • iPad利用料(3年間):30800円

iPadの下取り価格:77004円ー61560円=15444円

iPad Air 2を手放すことになりましたが、PCデポに44124円の売り上げを与えなかったことに満足

ちなみに、

nagoya1976.hatenablog.com

「dマガジン 」等のサービスが始まり、月額400円で160誌以上を講読することができるようになりました。

PCデポが提供している「デジタル雑誌」の大部分がdマガジンで購読可能です。

したがって、

PCデポタブレット付デジタル雑誌定期購読に利用価値無し」

というのが個人的な結論です。

「月額1500円」という価格につい惹かれてしまいますが、iPadの一括購入に抵抗がある方には、

www.apple.com

アップルストア金利0%の分割払いも可能。

したがって、

PCデポタブレット付デジタル雑誌定期購読を契約するのは、これらの現状を知らない人だけ。

「月額1500円」に騙され、永久的に毎月1500円を払い続ける方(特に高齢者)が現れないことを祈ります。

PCデポを利用することは二度と無いでしょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

 

スポンサーリンク

 

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア