心の風に吹かれて~白い雲のように~

41歳のANA DIA会員(2年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

旅の羅針盤:ツェルマットに行くなら絶対に知っておきたい「マッターホルンの絶景に出会うために必要な宿泊日数」

この夏、

f:id:Nagoya1976:20170930234824j:plain

マッターホルンの絶景」

を直に見るために

「ツェルマット」

に行ってきました。

そして、

無事、「マッターホルンの絶景」を直に見ることが出来ました。

ホッとしています。

というのも、

「行くからには、マッターホルンの絶景を見たい」

でも、

「ツェルマットは宿泊費が高い」

と、

計画中は、「何泊しよう?」と幾度となく悩んでいたからです。

結局、我が家の場合、ツェルマットに4泊しました。

では、

マッターホルンの絶景に出会う」ために必要な宿泊日数は、

何泊くらいなのでしょうか?

ツェルマットに滞在した5日間の「マッターホルンの姿」と共に検証(?)してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ツェルマット(1日目)

この日は、夕方にツェルマットに到着。

f:id:Nagoya1976:20171001102415j:plain

ツェルマットの街の天候は悪くありませんでしたが、「マッターホルン」は、雲で覆われていました。

ちょっと残念…。

 

スポンサーリンク

 

 

ツェルマット(2日目)

この日は、

天候に恵まれました!!

そこで、午前中の様子を紹介したいと思います。

朝、

目覚めると…。

f:id:Nagoya1976:20171001103539j:plain

(午前6時30分)

マッターホルンの姿をはっきりと捉えることが出来ました!!

一眼レフで撮影したマッターホルンの姿は、

f:id:Nagoya1976:20171001103806j:plain

こちら。

全体の写り具合は、iPhone 7 Plusで撮影した写真の方が良いですが、実際には、薄暗かったです。

そして、

f:id:Nagoya1976:20171001104335j:plain

(午前6時45分)

日の出。

日光がマッターホルンに反射している様子を捉えることができました。

f:id:Nagoya1976:20171009111205j:plain

iPhone 7 Plusで撮影)

一眼レフで撮影したマッターホルンの姿は、

f:id:Nagoya1976:20171001104602j:plain

こちら。

実際の見た目は、こちらに近い感じでした。

そして、

f:id:Nagoya1976:20171009113403j:plain

(午前8時)

f:id:Nagoya1976:20171009113555j:plain

山肌が徐々に明るくなり、

f:id:Nagoya1976:20171009114132j:plain

(午前9時半)

すっかり明るくなり、

f:id:Nagoya1976:20171009114731j:plain

f:id:Nagoya1976:20171009114858j:plain

マッターホルンの絶景」

を撮影することができました。

f:id:Nagoya1976:20171009115115j:plain

ホテルの目の前にある「定番の記念撮影スポット」からも、この通り。

※午前中の撮影がオススメです。

日中の様子は、

nagoya1976.hatenablog.com

こちら。

このように、

ツェルマット滞在2日目にして「マッターホルンの絶景」を直に見ることが出来ました。

 

スポンサーリンク

 

ツェルマット(3日目)

この日も、

天候に恵まれました!!

f:id:Nagoya1976:20171009121000j:plain

(午前7時)

f:id:Nagoya1976:20171009124736j:plain

(午前8時)

f:id:Nagoya1976:20171009125002j:plain

(午前8時30分)

f:id:Nagoya1976:20171009125119j:plain

(午前9時30分)

マッターホルンに始まり、ツェルマットの街が朝日に照らされていく様子は、

最高でした!!

つい、

珈琲を片手にバルコニーでのんびりしたくなります。

日中の様子は、

nagoya1976.hatenablog.com

こちら。

このように、

ツェルマット滞在3日目も「マッターホルンの絶景」を直に見ることが出来ました。

ただ、

夕方は、

f:id:Nagoya1976:20171009130107j:plain

この通り。

山の天気は、変わりやすいですね。

 

スポンサーリンク

 

ツェルマット(4日目)

2日連続で晴天に恵まれましたが、前日夕刻から天候が崩れ、

f:id:Nagoya1976:20171009130606j:plain

(午前7時)

この通り。

ただ、

f:id:Nagoya1976:20171009131124j:plain

(午前7時30分)

30分後には、雲が晴れてきました。

ただ、

夕刻には、

f:id:Nagoya1976:20171009131429j:plain

(午後7時)

再びの雲。

ですが、

f:id:Nagoya1976:20171009131837j:plain

(午後8時)

約1時間後には、晴れてきました。

山の天気は、変わりやすいですね。

(午後8時でも明るいです!!)

 

スポンサーリンク

 

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

 

ツェルマット(5日目)

ツェルマットとも、いよいよお別れの日です。

この日は、

f:id:Nagoya1976:20171009132658j:plain

再びの晴天。

 

スポンサーリンク

 

まとめ・感想

今回、ツェルマットに4泊5日の日程で滞在しました。

この間、

丸3日間の自由時間がありましたが、

  • 晴天:2日
  • 曇り:1日(途中で雨もあり)

でした。

そして、

5日間の滞在では、

  • 晴天:3日
  • 曇り:2日(1日は、途中で雨が降りました。)

でした。

このように、

  • 1泊:晴天に恵まれないリスク大
  • 2泊:1日は晴天に恵まれるかも
  • 3泊:1日は晴天を期待できる

という感じでした。

気軽に訪問できる場所ではないので、

「4泊以上」

をオススメします。

あと、

現地の天気予報は、

www.zermatt.ch

こちらを参考にしましょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

 

スポンサーリンク

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア