心の風に吹かれて~白い雲のように~

42歳のANA DIA会員(3年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

旅の羅針盤:Hilton Kuala Lumpurに泊まってみました。 ※KL Sentral駅に直結していて便利!!

クアラルンプールに滞在した際、

f:id:Nagoya1976:20170814052230j:plain

www3.hilton.com

Hilton Kuala Lumpur

に宿泊してみました。

※MERIDIENと隣接しています。

 

スポンサーリンク

 

エレベーターホール~室内まで

今回は、ヒルトンHオナーズの「(なんちゃって)ダイヤモンド会員」の特典で部屋をアップグレードしてもらうことができ、

エグゼクティブフロアに宿泊。

エレベーターホールから部屋までは、

f:id:Nagoya1976:20170815033856j:plain

この通り。

高級感があります。

室内に入ると、

f:id:Nagoya1976:20170815040503j:plain

贅沢にも通路があり、

f:id:Nagoya1976:20170815035328j:plain

数々のアートがお出迎え。

お洒落です。

(ガウンは、いまいちですが…。)

そして、

f:id:Nagoya1976:20170815040043j:plain

ウェルカムギフト。

窓からの眺めは、

f:id:Nagoya1976:20170815041128j:plain

この通り。

かなりの眺望です。

一方、

f:id:Nagoya1976:20170819034658j:plain

夜景は、いまいち。

室内の概要は、

nagoya1976.hatenablog.com

こちら。

 

スポンサーリンク

 

 

エグゼクティブラウンジ

エレベーターに乗り、

f:id:Nagoya1976:20170815224746j:plain

33階へ。

エレベーターを降りると、

f:id:Nagoya1976:20170815223637j:plain

エグゼクティブラウンジへの案内。

(一般の客室も隣接してありました。)

ラウンジ内は、

f:id:Nagoya1976:20170816014318j:plain

落ち着いた雰囲気。

上の階に繋がる階段があり、天井も一部高くなっています。

(気になる?)食事類ですが、

f:id:Nagoya1976:20170816202310j:plain

朝食。

食器類とテーブルマットの色調で、料理が美味しく見えます。

(実際、美味しかったです。)

卵料理は、テーブルで注文することが出来ます。

ちなみに、

f:id:Nagoya1976:20170816202537j:plain

着席前から、フォークやナイフ、ナプキン等が一式用意されています。

そして、

f:id:Nagoya1976:20170816025007j:plain

このような景色を眺めながら食事をすることが出来ます。

続いて、

f:id:Nagoya1976:20170816024856j:plain

ティータイム。

食事は、サンドイッチ程度。

スコーンやデザートもあります。

最後は、

f:id:Nagoya1976:20170816024728j:plain

夕食。

 

スポンサーリンク

 

 

朝食

f:id:Nagoya1976:20170816212300j:plain

フロント斜め正面にある朝食会場にてビュッフェ形式。

f:id:Nagoya1976:20170816213349j:plain

定番のライブキッチンは、卵料理に加えて中華、インド料理(?)のブースにも有り。

あと、

f:id:Nagoya1976:20170817002746j:plain

お好みの「生搾りジュース」を作ってくれるブースも有りました。

戴いた食事は、

f:id:Nagoya1976:20170817015338j:plain

f:id:Nagoya1976:20170817021819j:plain

この通り。

(毎度の事ながら、盛り付けが下手で申し訳ありません。)

会場は、

f:id:Nagoya1976:20170819010719j:plain

このような雰囲気。

眺めは、

f:id:Nagoya1976:20170817003125j:plain

このような感じ。

工事現場が視界に入ってくる風景でした…。

 

スポンサーリンク

 

 

その他

館内には、

f:id:Nagoya1976:20170816204346j:plain

SPA。

f:id:Nagoya1976:20170816205319j:plain

日本の「お手頃リラクゼーションサロン」と変わらない値段(90分346MYR、約9000円)でしたので、利用してみました。

他には、

f:id:Nagoya1976:20170817022023j:plain

プール。

利用はしませんでしたが、プールサイドには、

f:id:Nagoya1976:20170817022426j:plain

遊歩道。

食後等の散歩にオススメです。

 

アクセス

KL Sentral駅に隣接しているので、説明不要かもしれませんが、紹介したいと思います。

クアラルンプール国際空港からKLIAエクスプレスでKL Sentral駅に到着した場合、

www.kliaekspres.com

f:id:Nagoya1976:20170817024032j:plain

開放感抜群の空間に出るかと思います。

右側の写真の左奥の方向に進むと、

f:id:Nagoya1976:20170817024219j:plain

階段とエスカレーター。

エスカレーターで上の階に進むと、右手に

f:id:Nagoya1976:20170817024312j:plain

Hilton Kuala Lumpurへの連絡通路。

※MERIDIENと共通の連絡通路です。

一方、

クアラルンプール国際空港からKLIAトランジットでKL Sentral駅に到着した場合、

f:id:Nagoya1976:20170817050636j:plain

駅の中心に出るとかと思います。

左右に人が流れていますが、左側の写真ではなく、右側の写真の方向に進みましょう。

(近くまで行けば、写真にあるような「Hilton」の案内が視界に入るでしょう。)

エスカレーターを上ると、

f:id:Nagoya1976:20170817050850j:plain

さらに「案内」が視界に入ってくるはず。

これに従って進み、駅から出て空を見上げると、

f:id:Nagoya1976:20170817051055j:plain

Hilton(写真左)とMERIDIEN(写真右)。

f:id:Nagoya1976:20170817051213j:plain

道路1本渡れば、「Hilton Kuala Lumpur」です。

f:id:Nagoya1976:20170817052714j:plain

入口。

※MERIDIENと共通です。

f:id:Nagoya1976:20170817052859j:plain

このように、エレベーターも共有。

そして、

f:id:Nagoya1976:20170814052230j:plain

ようやく「Hilton」と「MERIDIEN」との分かれ道。

初めて利用する時には戸惑ってしまうかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ・感想

今回は、3泊しました。

宿泊費は、朝食代込みで2017MYR(約52200円)。

ヒルトンHオナーズの「(なんちゃって)ダイヤモンド会員」の特典で部屋をアップグレードしてもらい、「キングエグゼクティブレイクビュー」に宿泊。

ホテル代金が安いと言われる東南アジアで「1泊あたり17400円」という料金を考えると、「高い」という印象ですが、「KL Sentral駅からのアクセスの良さ」には満足。

機会があれば再度宿泊してみたいと思いますが、隣りの「MERIDIEN」も気になります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

 

スポンサーリンク

 

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア