心の風に吹かれて~白い雲のように~

41歳のANA DIA会員(2年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

旅の羅針盤:IHG修行で初! ANAホリデイ・イン リゾート宮崎に泊まってみました。

宮崎を訪問した際、IHG修行と社会勉強(?)を兼ねて

f:id:Nagoya1976:20170617114103j:plain

ANAホリデイ・インリゾート宮崎

に泊まってみました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

「リゾートホテル」という名の通り…

まず、

「正面玄関」

と行きたかったのですが、ドアボーイさんが居たため(さすが、リゾートホテル。)、小心者の自分は写真を撮ることができず…。

というわけで、

正面玄関の代わりに、

f:id:Nagoya1976:20170617213423j:plain

「青島」の案内。

青島について詳しく知りたい方は、

www.miyazaki-city.tourism.or.jp

こちら。

さて、

館内に足を踏み入れると、

f:id:Nagoya1976:20170617231209j:plain

よくあるパターンの階段。

新郎新婦が記念撮影を撮っているシーンを思い描くのは、自分だけではないはず。

この階段を上るとフロントに辿り着きます。

フロントでは、

f:id:Nagoya1976:20170617231540j:plain

埴輪

がお出迎え。

その奥には、

f:id:Nagoya1976:20170617231856j:plain

チャペルと海。

そして、

ヤシの木。

あいにくの天候で、暴風雨に曝される「ヤシの木」しか想像できませんでしたが、天気が良ければ、リゾート感も漂っていたに違いありません。

一方、

先程の階段の奥に行くと、

f:id:Nagoya1976:20170618003410j:plain

休憩スペース。

そして、

f:id:Nagoya1976:20170618000050j:plain

開放感十分の空間。

さらに階段を降りていくと、

f:id:Nagoya1976:20170618003504j:plain

リラクゼーションサロン。 

f:id:Nagoya1976:20170618084915j:plain

ランドリールーム

もありました。

どちらかというと、

「夏場仕様のリゾートホテル」という感じ(宮崎だから当たり前?)ですが、

f:id:Nagoya1976:20170620072343j:plain

大浴場(温泉)もあります。

23時くらいに利用しましたが、オフシーズンということもあり、ほぼ貸切状態。

リラックスできました。

 

スポンサーリンク

 

 

楽天トラベル株式会社

 

館内&室内の様子

エレベーターホールは、

f:id:Nagoya1976:20170617214301j:plain

このような感じ。

「リゾート」という感じはしませんでした。

そして、

f:id:Nagoya1976:20170617223309j:plain

廊下。

こちらも、「リゾート」という感じはありませんでしたが、全室オーシャンビューになるように部屋が配置されていました。

さて、

気になる室内の様子ですが、

nagoya1976.hatenablog.com

こちら。

f:id:Nagoya1976:20170617223441j:plain

窓際には、ベッドの数に合わせて(?)チェアとテーブルが用意されていました。

窓からの風景は、

f:id:Nagoya1976:20170617223601j:plain

※半島の様に見えるのが、「青島」です。

こちら。

残念ながら天候がいまいちでしたので、「良さ」が分かりませんでした…。

 

スポンサーリンク

 

 

 

食事

会場は一ヶ所。

f:id:Nagoya1976:20170617223821j:plain

こちらです。

朝食は、

f:id:Nagoya1976:20170617224301j:plain

f:id:Nagoya1976:20170617224450j:plain

この通り。

大人:1782円。

豪華というほどではありませんでしたが、十分に満足できる種類の和食と洋食が提供されていました。

そして、

f:id:Nagoya1976:20170617224557j:plain

f:id:Nagoya1976:20170617224633j:plain

夕食。

刺身や天ぷら、ステーキが提供される等、朝食より豪華でした(当たり前?)。

味の方も、刺身と天ぷらは、美味しかったです。

ステーキは、ちょっと固かったですが…。

気になる料金は、大人:4320円。

「リゾート地価格」と感じる設定でしたが、ホテルの周りには飲食店が無いので、移動の手段がタクシーしか無い人にとっては、こちらの方が安く済みそうです。

ちなみに、

ホテル内には、カップラーメン等の軽食を販売している売店がありました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

アクセス

最寄り駅は、JR子供の国駅あるいはバス停「こどものくに」。

宮崎空港からJR子供の国駅までは約30分、こどものくにまでは約25分。

駅あるいはバス停からホテルまでは、徒歩で約8分。

今回は、

タクシー送迎プラン(タクシー配車手配フォーム) | ANA ホリデイ・イン リゾート 宮崎

こちらを利用。

通常約2600円の料金が2000円と、かなり「お得」。

電車やバスなら、それぞれ400円と450円ですが…。

(ただ、電車やバスは、本数が少ないので気を付けましょう。)

 

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ・感想

滞在したのは、ゴールデンウィーク後の5月。

利用客の大部分は、団体旅行客。

自分を含め、個人旅行客はチラホラという感じで、「少し寂しい」感じでした。

(地方のリゾート地、しかもオフシーズンなので、仕方が無いのかもしれませんね。)

ホテルに隣接して

こどものくに

がありますが、どちらかというと「未就学児向け」という印象。

唯一、

www.aopago.jp

こちらは、小学生くらいまでの子供も楽しめそう。 

IHG修行と家族旅行の下見(?)も兼ねての滞在でしたが、「要検討」というところです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

 

スポンサーリンク

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア