心の風に吹かれて~白い雲のように~

41歳のANA DIA会員(2年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

旅の羅針盤:九份で台湾のお茶をのんびりと楽しむなら「九份茶坊」で決まり!!

台北の観光スポット「九份」を訪問した際、

f:id:Nagoya1976:20170519235133j:plain

九份茶坊」

で休憩しました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

九份茶坊」では、レトロな雰囲気の中で本格的な「茶」を楽しむことができます。

店内に入ってみると、

f:id:Nagoya1976:20170519235341j:plain

f:id:Nagoya1976:20170519235405j:plain

「茶葉」や「急須」を購入することができる店舗。

奥がカフェ(茶室?)になっていました。

カフェは、

f:id:Nagoya1976:20170520000058j:plain

このような感じ。

眺めは、

f:id:Nagoya1976:20170520000312j:plain

この通り。

※テーブルは、店内にもあります。

いずれの席にも

f:id:Nagoya1976:20170520000147j:plain

専用のヤカン(?)。

※小さな子供連れの方は、気を付けましょう。

スタッフさんがお茶の入れ方を(日本語で)説明してくれます。

f:id:Nagoya1976:20170520001441j:plain

いわゆる「上品な味」でした。

※小洒落た器も「高価そう」なので、小さな子供連れの方は、気を付けた方が良いでしょう。

さて、

店舗とカフェの間には、

f:id:Nagoya1976:20170520000523j:plain

f:id:Nagoya1976:20170520000457j:plain

洒落た空間。

階下には、

f:id:Nagoya1976:20170520002023j:plain

数々の茶器(?)。

さらに、

f:id:Nagoya1976:20170520101906j:plain

博物館(?)も。

中は、

f:id:Nagoya1976:20170520102040j:plain

このような感じです。

お茶を楽しんだ後も、いろいろと楽しむことができるでしょう。

ちなみに、

カフェの利用に関しては、テーブルチャージ料が一人当たり100台湾ドル(約370円)

また、

お茶は、400台湾ドル(約1480円)くらいから

お茶は、テーブルで1種類注文するのが良いでしょう。

単価は高いのですが、4人くらいのグループでも1回の茶葉で数杯は飲むことが出来ます。

また、余った茶葉は持ち帰ることができるので、是非持ち帰りましょう。

九份茶坊」について詳しく知りたい方は、

www.jioufen-teahouse.com.tw

こちらもどうぞ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア