読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の風に吹かれて~白い雲のように~

41歳のANA DIA会員(2年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

ANAマイレージ修行:羽田-名古屋線プレミアム旅割28の悲劇…

御用達の「羽田-名古屋線プレミアム旅割28」を予約しようとしたら…

f:id:Nagoya1976:20170204075902p:plain

「14500円から」

という表示。

「あれ?」

「プレミアム旅割28は、完売?」

と思いきや…。

 

スポンサーリンク

 

 

羽田-名古屋線の運賃改定

羽田-名古屋線プレミアムクラスの料金に違和感を覚え、詳細を見てみると…

f:id:Nagoya1976:20170204081144p:plain

「プレミアム旅割28」は、まだ販売されていました。

ということは、

「料金の改悪」。

昨年の同時期に購入した「羽田-名古屋線プレミアム旅割28」の価格は、

f:id:Nagoya1976:20170204081449j:plain

11700円。

2800円も高くなったということです

羽田-名古屋間で獲得できるプレミアムポイントは「882」ですので、

  • 2016年:13.2 ppt/円(11700円)
  • 2017年:16.4 ppt/円(14500円)

プレミアムポイントの単価としては、2016年も「良い」とは言えません。

ただ、東京-名古屋間を新幹線で移動する場合、

  • こだま号のグリーン席:9000円
  • ひかり号のグリーン席:11830円

nagoya1976.hatenablog.com

新幹線を利用する際には、必ず駅弁(約1000円)を購入しているので、

  • こだま号のグリーン席を利用した場合:1700円
  • ひかり号のグリーン席を利用した場合:-1130円

に「東京駅から羽田空港までの乗車賃」を加えた手出しで、

882 ppt

を手にすることができます。

このように考えると、「プレミアム旅割28」に軍配が挙がります。

しかし、

2800円の値上げとなると…、

考えてしまいます。

自分にとって、東京から名古屋までの移動は必須ですので、必要最低限の経費を上回る

「4500円+東京駅から羽田空港までの乗車賃」で882 pptを獲得できることは、決して悪くないのですが、今年は、JGC修行の年。

JALの「スーパー先得」では、羽田-名古屋間の普通席が

7400~7900円。

「これしかありませんね。」

と言いたいのですが、ANA SUITE LOUNGEを利用することができなるなります。

ジレンマ…。

ちなみに、

+400円で特割のチケットを購入出来ます

それぞれのキャンセル料は、

プレミアム旅割の場合、

f:id:Nagoya1976:20170204105504p:plain

ANAのHPから拝借)

そして、

プレミアム特割の場合、

f:id:Nagoya1976:20170204105827p:plain

55日前までであれば、

払戻手数料(430円)のプレミアム旅割に軍配。

一方、

45日前までになると、

  • プレミアム旅割:払戻手数料(430円)+運賃の約30%相当額(約2300円)
  • プレミアム特割:払戻手数料(430円)+運賃の約5%相当額(約725円)

となり、プレミアム特割に軍配。

差額は400円ですので、

羽田-名古屋間のプレミアムクラスのチケットを購入するなら、

プレミアム特割ですね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

羽田-名古屋線エコノミークラスの運賃は…。

プレミアムクラスの料金が改悪された一方、エコノミークラスはというと、

f:id:Nagoya1976:20170204101344p:plain

「6700円から」。

「おぉ!!」

これは、改善(?)されたのではないでしょうか?

昨年は、7000円台後半だったように記憶しています。

詳細は、

f:id:Nagoya1976:20170204104708p:plain

こちら。

旅割の場合、獲得出来るプレミアムポイントは「289」。

23.1円/pptになり、価格的な魅力はありますが、修行には、

完全に不向き。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

結論として、ANAの「羽田-名古屋線」に対する魅力は、

個人的に激減しました。

「2800円の値上げ」は、ANA SUITE LOUNGEの使用料であるようにも思えてしまいます。

さあ、どうしましょう?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ちょっと一息:ドイツ旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:国内旅行者にオススメの記事

 

ちょっと一息:家族旅行者にオススメの記事

nagoya1976.hatenablog.com

 

スポンサーリンク

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア