心の風に吹かれて~白い雲のように~

41歳のANA DIA会員(2年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

旅の羅針盤:小学校低学年なら「東京ディズニーランド」より「東京ジョイポリス」がオススメ!! ※安上がりで親も楽ちんです。

お台場に行った際、

f:id:Nagoya1976:20161229205454j:plain

東京ジョイポリス

に行って来ました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

小学校低学年の子供は、楽しめるのか?

東京ジョイポリスは、子供から大人(個人的には、独身の方?)まで楽しむことができる「屋内にある全天候型アミューズメント施設」。

基本、身長が130 cm以上であれば、全てのアトラクションを楽しむことができます。

例えば、

f:id:Nagoya1976:20161230114235g:plain

このようなアトラクションを楽しむことができます。

料金は、1回500~600円。

施設内は、3フロアに分かれており、広々とした感じはありますが、自由に歩き回ることができるスペースは、それほど広くありません。

また、出入り口は一ヶ所。

したがって、

ある程度物分かりが良くなった年齢の子供であれば、ある程度自由に行動させることもできます。

ちなみに、自分の場合、

小学2年生の我が子に東京ジョイポリスのパスポートを買い与え、自分は入場券だけ購入。

そして、我が子が楽しんでいる間、

f:id:Nagoya1976:20161229223704j:plain

ベンチで休憩。

そして、

nagoya1976.hatenablog.com

トイレで「トイレッツ」。

この間、我が子が何を楽しんだかというと…。

以下、身長110 cm以上の子供が利用できるアトラクションになります

まずは、

f:id:Nagoya1976:20161229224105j:plain

tokyo-joypolis.com

f:id:Nagoya1976:20161229225157j:plain

tokyo-joypolis.com

f:id:Nagoya1976:20161229230234j:plain

tokyo-joypolis.com

そして、

我が子が繰り返し楽しんでいたのが、

f:id:Nagoya1976:20161229230611j:plain

こちら。

tokyo-joypolis.com

東京ジョイポリス内にある「紋章」を時間内に探すゲームです。

内容は、

f:id:Nagoya1976:20161230115532p:plain

東京ジョイポリスのHPから拝借)

こちら。

そして、獲得できる景品ですが、

f:id:Nagoya1976:20161230111751j:plain

「探検隊員証」。

f:id:Nagoya1976:20161230112400j:plain

「金の延べ棒(お菓子)」。

どうも、このアトラクションのシステムが我が子のツボを捕らえたようで、5回ほど挑戦していました。

1回600円なので、パスポートを購入していて良かった…。)

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

初の「東京ジョイポリス」でしたが、

子供は、かなり満足していました

そして、付き添いの自分も、座ってのんびりできたので

大満足。

4時間ほど楽しみ(自分は「?」)、大人と小学生の2人で4100円。

東京ディズニーランド」と比較すると、

  • 全天候型
  • 移動距離が少ない
  • 子供が迷子になり難い

というメリットがあります。

親や子供にこだわりが無ければ、

東京ジョイポリス」がオススメです。

詳細は、

tokyo-joypolis.com

こちら。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

DHCオンラインショップ
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ