読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の風に吹かれて~白い雲のように~

41歳のANA DIA会員(2年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

旅の羅針盤:シュパイヤー大聖堂 ※ハイデルベルクから日帰りで行ける「世界遺産」

世界遺産は観光で外せない」

という方も多いかと思います。

今回は、

ハイデルベルクから日帰りで行くことができる世界遺産

シュパイヤー大聖堂

を紹介したいと思います。

恐らく、初めて耳にする名前かもしれませんね。

(自分は、2年程前に知りました。)

 

名前の通り(?)、ドイツの都市(?)「シュパイヤー」にあります。

(都市と言うよりも、街 or 村?)

アクセスとしては、

という感じです。

駅は、

f:id:Nagoya1976:20161111122056j:plain

小さいです。

駅からはバスになりますが、シュパイヤーに来る人の多くが観光客で、大聖堂が目的ですので、流れに身を任せても大丈夫でしょう(?)。

街は、

f:id:Nagoya1976:20161111122335j:plain

このように、石畳の道が

f:id:Nagoya1976:20161111135651j:plain

お洒落。

そして、

いよいよ、世界遺産とのご対面。

 

 

 

f:id:Nagoya1976:20161111141012j:plain

 

 

 

f:id:Nagoya1976:20161111141012j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Nagoya1976:20161111141012j:plain

「えっ?」

と思ったのは、自分だけでしょうか?

学識が無い自分は、

がっかり…。

f:id:Nagoya1976:20161111141505j:plain

f:id:Nagoya1976:20161111141836j:plain

大聖堂の入口にはこのような石像がありましたが…。

中の様子は、撮り忘れていました。

(恐らく、「写真を撮ろう!!」という気が起きなかったか、撮影禁止だったのだと思います。)

f:id:Nagoya1976:20161111142200j:plain

(大聖堂の入口からの光景)

このように、こぢんまりしている街でした

なお、

シュパイヤー大聖堂についてもっと知りたい方は、

Willkommen! - Dom zu Speyer

【世界遺産】シュパイヤー大聖堂 - 南ドイツ観光案内サイト

こちらをどうぞ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク