心の風に吹かれて~白い雲のように~

41歳のANA DIA会員(2年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

旅の羅針盤:ヴィースバーデン ※ドイツ旅行の最後は、フランクフルトよりもこちら!!

ドイツの都市「ヴィースバーデン」を紹介したいと思います。

f:id:Nagoya1976:20161029211005j:plain

ヴィースバーデン中央駅。

 

聞き慣れない方も多いかもしれませんが、

ヴィースバーデンは、フランクフルト国際空港を中心にフランクフルトとは反対側で、マインツと同じ側にある

「保養地」。

フランクフルト、フランクフルト国際空港、マインツのいずれの場所からも乗り換え無く行くことができます。

その所要時間は、

  • フランクフルトから:約45分
  • フランクフルト国際空港から:約35分
  • マインツから:約10分

マインツとは、ライン川を隔てた隣町という地理的関係です。

というわけで、この「ヴィースバーデン」を簡単に紹介したいと思います。

ちなみに、ドイツ旅行では、

DB Navigator

DB Navigator

  • Deutsche Bahn
  • 旅行
  • 無料

このアプリがオススメです。

 

駅構内

フランクフルト中央駅と同じ「終着駅型」の作りになっています。

その駅構内は、

f:id:Nagoya1976:20161107202525j:plain

開放感があり、

f:id:Nagoya1976:20161107195517j:plain

f:id:Nagoya1976:20161107201251j:plain

f:id:Nagoya1976:20161107201337j:plain

飲食店も豊富。

 

駅周辺

正面の出口(入り口)を抜けて外に出ると、

f:id:Nagoya1976:20161107202848j:plain

左手には、

インフォメーションセンター。

そして、その奥には、

f:id:Nagoya1976:20161107203317j:plain

ショッピングモール(手前)とホテル(右側奥)

中には、

f:id:Nagoya1976:20161107203431j:plain f:id:Nagoya1976:20161107203608j:plain

家電量販店「SATURN」や「トイザらス」。

nagoya1976.hatenablog.com

 

スポンサーリンク

 

 

街の様子

ヴィースバーデンの街ですが、

f:id:Nagoya1976:20161107203931j:plain

中心地は、この写真の中央上側。

旧市街地は、中心地からさらに上側になります。

したがって、バスの利用をオススメします。

ちなみに、

nagoya1976.hatenablog.com

ヴィースバーデンの主要な場所への移動は、マインツカードがあれば大丈夫です

 

バスに乗車したら、

まずは、

f:id:Nagoya1976:20161107204526j:plain

「Kirchgasse」

あるいは

f:id:Nagoya1976:20161107204957j:plain

「Kurhaus/Theater」

を目指しましょう。

「Kurhaus/Theater」で下車すると、

f:id:Nagoya1976:20161107210717j:plain

立派な建物!!

中には、「カジノ」があります

なんと、ドストエフスキー作「賭博者」の舞台になったカジノだそうです。

www.resocasi.com

www.wiesbaden.de

 

一方、

「Kirchgasse」の周辺は、

f:id:Nagoya1976:20161107211321j:plain

ショッピング街。

f:id:Nagoya1976:20161107211719j:plain

デパートがあります

www.karstadt.de

「Kaufhof」もありますが、

nagoya1976.hatenablog.com

ヴィースバーデンでは、「Karstadt」の方がレストランがしっかりしていました。

ちなみに、

f:id:Nagoya1976:20161108203725j:plain

f:id:Nagoya1976:20161108203831j:plain

白州」が販売されていました

あと、

nagoya1976.hatenablog.com

このような変わった物も!!

 

他には、

f:id:Nagoya1976:20161107212418j:plain

f:id:Nagoya1976:20161108195716j:plain

f:id:Nagoya1976:20161108195808j:plain

日本でお馴染みのブランドショップ

 

この「Kirchgasse」を直進し、さらに直進して「Langgasse」を直進し続けると、

f:id:Nagoya1976:20161108201231j:plain

「KAISER-FRIEDRICH-THERME」

に近づきます。

www.wiesbaden.de

温泉です。

ただし、「混浴」

(ガイドブックによると、火曜日は「女性専用の日」のようです。)

しかも、

他のブログ等からの情報によると…、

日本とは異なり(?)、タオルで隠すべき所(?)を隠さず、一糸纏わぬ男女が同じ浴場を普通に歩いているらしいのです…。

さらに、「若い女性も普通に利用している」との情報…。

ヴィースバーデンを訪問するのは2回目でしたが、小心者の自分は、

今回も素通り…。

煩悩を捨て去り、「解脱」したら挑戦したいと思います。

さて、

この「KAISER-FRIEDRICH-THERME」、最寄りのバス停は、

f:id:Nagoya1976:20161108202359j:plain

「Wabergasse」。

ただ、「バスでここまで行く」というよりは、目印代わりに利用されることをオススメします。

実は、

「Kirchgasse」を直進し、「Langgasse」を通って「KAISER-FRIEDRICH-THERME」に行くためには、途中で左折する必要があります

f:id:Nagoya1976:20161108203134j:plain

こちらは、「左折直後の視界」。

この通り(左側にカーブしています)

f:id:Nagoya1976:20161108204303j:plain

「Coulinstraße」

を道なりに進むと、左手に「KAISER-FRIEDRICH-THERME」を見つけることができるでしょう。

 

「Kurhaus(カジノ)」や「KAISER-FRIEDRICH-THERME(温泉)」の他にも、

f:id:Nagoya1976:20161108205658j:plain

f:id:Nagoya1976:20161108210354j:plain

このような「心落ち着く(?)光景」を提供してくれるヴィースバーデン

いかがでしょうか?

フランクフルトと比べると、宿泊費は「高め」。

ですが、フランクフルトよりも人が少なく、静かで、治安も良さそうです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク