心の風に吹かれて~白い雲のように~

41歳のANA DIA会員(2年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

旅の羅針盤:ネッカー川あってこそ、ハイデルベルクの風景!! ※ネッカー川沿いは、散歩に最適です。

ハイデルベルクと言えば、

ハイデルベルク

nagoya1976.hatenablog.com

カール・テオドール橋

nagoya1976.hatenablog.com

聖霊教会

nagoya1976.hatenablog.com

が「1フレームに収まった風景」

f:id:Nagoya1976:20160924103148j:plain

であると個人的には思っています。

この風景に欠かせないのが、ハイデルベルクを東西に流れる

ネッカー川。

時間に余裕がある人は、是非、ネッカー川がその時々で見せる姿と、周囲の風景を楽しんで下さい。

 

というわけで、

ネッカー川を紹介したいと思います。

まず、

多くの人が渡る機会があるのがカール・テオドール橋だと思いますが、ビスマルク広場の最寄りの橋

f:id:Nagoya1976:20160923173233j:plain

テオドール・ホイス

からの風景も、とても良いです。

f:id:Nagoya1976:20160923180030j:plain

f:id:Nagoya1976:20160923181906j:plain

遠くにハイデルベルク城とカール・テオドール橋。

このような風景を毎日目にすることができるハイデルベルク市民が、

羨ましい!!

ちなみに、テオドール・ホイス橋は、トラムとバスの運行ルートの一部。

トラムからは、

f:id:Nagoya1976:20160924100545g:plain

このように見えます。

このテオドール・ホイス橋からハイデルベルク城を見た時の左手(写真の左側)には、

nagoya1976.hatenablog.com

哲学者の道」。

そして、

f:id:Nagoya1976:20160924101112j:plain f:id:Nagoya1976:20160924101435j:plain
f:id:Nagoya1976:20160924101547j:plain f:id:Nagoya1976:20160924101654j:plain

お洒落な住宅。

間違い無く高級住宅地でしょう。

ちなみに、世界的に有名なテニス選手「シュテフィ・グラフ」が、一昔前にハイデルベルクに住んでいたようです。

derdiedas.jp

きっと、

f:id:Nagoya1976:20160924104431j:plain

毎日、リビングやバルコニーから、このような風景を目にしていたのでしょう(?)。

本当に羨ましいです。

ちなみに、この周囲では、

f:id:Nagoya1976:20160925093454j:plain

このようなアクティビティも。

なんとも、のどかで優雅な(?)光景です。

さて、

多くの人は、ここまで紹介した風景しか目にしないかもしれませんが、時間に余裕があれば、是非、ハイデルベルク城とは反対側の風景も楽しんでもらいたいと思います。

現代の風景ですが、高くそびえ立つ建物が無く、

f:id:Nagoya1976:20160924105013j:plain

(午前中に撮影)

大変心地よい風景。

夕暮れ時(少し早い?)には、

f:id:Nagoya1976:20160924221547j:plain

太陽の光が眩しくも心地よく感じられ、

日没直前には、

f:id:Nagoya1976:20160924221835j:plain

一日の疲れが癒されます。

そして、オススメしたいのが、写真右側の

f:id:Nagoya1976:20160924221230j:plain

芝生のスペース。

f:id:Nagoya1976:20160924222334j:plain

野鳥(ガチョウ?)がたくさんいます。

この芝生は延々と続き、その途中では、

f:id:Nagoya1976:20160924222515j:plain f:id:Nagoya1976:20160924222717j:plain

サッカー(左)やビーチバレー(右)を楽しむ人々の姿。

そして、

f:id:Nagoya1976:20160924230944j:plain

f:id:Nagoya1976:20160924224311j:plain f:id:Nagoya1976:20160924224454j:plain

公園。

小さな子供は、間違い無く大喜びでしょう。

この公園は、次の橋までの中間あたりに位置しますが、さらに頑張って歩くと、

nagoya1976.hatenablog.com

ハイデルベルクの有名店の一つ「Café Frisch」が見えてくるでしょう。

(途中で道路の方に上がっていく必要があります。)

「Café Frisch」は、橋のすぐそば。

この橋は、トラムやバスの運行ルートになっています。

トラムかバスに乗ればハイデルベルク中央駅まで2駅なので、「Café Frisch」まで歩いた方は、その後はトラムかバスで移動しても良いでしょう。

トラムからは、

f:id:Nagoya1976:20160924100454g:plain

このように見えます。

セグウェイツアーのコースでもあるようです。)

 

いかがでしたでしょうか?

最後の動画を見ても分かるとおり、ハイデルベルクは自然に溢れています。

橋から橋まではかなりの距離がありますが、時間に余裕がある人は、是非、

歩いてみて下さい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク