心の風に吹かれて~白い雲のように~

41歳のANA DIA会員(2年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

旅の羅針盤:人魚姫の像 in コペンハーゲン ※綺麗な写真を撮りたいなら、夕方がオススメ!!

コペンハーゲンと言えば、

「人魚姫の像」。

f:id:Nagoya1976:20160731180742j:plain

見に行きました。

この人魚姫、人によっては、

「がっかり」

ということもあるようですが、

自分はオススメしたいです

 

ただし、

f:id:Nagoya1976:20160731195811j:plain

常時、このような感じです。

時間に余裕があれば、海辺まで降りて撮影しても良いでしょう。

人魚姫と同じポーズをして撮影している外人さんも居ましたので、

是非挑戦してみて下さい。

時間が限られている人は、柵の所からの記念撮影がオススメです。

また、

nagoya1976.hatenablog.com

Bus乗り放題チケットの利用をオススメします。

 

番外編:人魚姫の像を撮影するために…

こちら、

f:id:Nagoya1976:20160731180742j:plain

自分の中では、

納得した写真。

 

実は、この写真を撮るために、コペンハーゲン滞在中に

3回も

人魚姫の像を訪問。

 

このようなことをするのは、自分くらいかもしれませんね。

まさに、

修行でした。

 

その理由は、

f:id:Nagoya1976:20160731185956j:plain

これです。

分かります?

 

人魚姫の姿が上手く写っていません。

暗くて、表情が全く見えず。

露出を調整すると、

f:id:Nagoya1976:20160731193135j:plain

人魚姫の顔が見えました!!

が、周りも明るくなってしまいました…。

「いいじゃん、そのくらい…。」と思う人、多数だと思います。

でも、

「何事にも全力」

を掲げる自分は、納得できず。

一眼レフ歴1年のド素人は、

「原因は太陽光にあり」

と考えたのでした。

そこで、時間を空けて再訪問。

 

しかし、その結果が上の写真。

(実は、最初に訪問した時は、人魚姫のシルエットしか写らなかったのです。)

結局、この日はあきらめ、

翌日の17時半くらいに撮影したのが、

f:id:Nagoya1976:20160731180742j:plain

これです。

比較しやすいように、並べてみました。

f:id:Nagoya1976:20160731185956j:plain f:id:Nagoya1976:20160731193135j:plain f:id:Nagoya1976:20160731180742j:plain

どうでしょうか?

 

スポンサーリンク