読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の風に吹かれて~白い雲のように~

40歳を目前にして「10年後には車イス生活」と宣告されたANA DIA会員(1年目)が思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

約24時間かけて、ANAマイレージ修行(?):ANAビジネスクラスで「成田-ブリュッセル」、そして「コペンハーゲン」へ編

ANA マイル 修行 写真 デンマーク ベルギー

さて、ビジネスクラスへの当日アップグレードを達成し、

nagoya1976.hatenablog.com

意気揚々と(?)成田空港に向かったようにお伝えしてきましたが、

行き着いた先は、

f:id:Nagoya1976:20160727043226j:plain

なぜか、バゲージクレーム。

 

実は、中部国際空港で、

ブリュッセルコペンハーゲン間のチケットを

発券出来なかったのです。

しかも、

ブリュッセルまでしかスーツケースを運べない」

とのこと…。

「乗り継ぎをするブリュッセルでスーツケースを受け取り、再度チェックイン」

なんて、

考えられません。

そこで、

成田空港で一度スーツケースを受け取ることを選択したのです。

 

そのため、

f:id:Nagoya1976:20160727132407j:plain

再びチェックインカウンターへ。

仕切り直しです。

やれやれ…

という気分だったのですが、

このお陰もあり、

成田空港Zカウンターに初潜入。

nagoya1976.hatenablog.com

結果的には、

とても良かったです(?)

東西の横綱ではありませんが、

  • 羽田空港の「DINING h
  • 成田空港の「Zカウンター」

と、「双璧をなしている」というのが、個人的な感想です。

DINING h」が営業していない時間帯の出国であれば、

「成田空港の利用」も悪くない(?)。

 

さて、Zカウンターでは、

ブリュッセルコペンハーゲン間の荷物とチケットについて問い合わせ。

待ち時間の間、ソファーに案内され、

自分だけの貸切状態でしたので、「ここぞ!」とばかりに

写真撮影。

 

数分後、

コペンハーゲンまでスーツケースを運べることが判明。

一方、

ブリュッセルコペンハーゲン間のチケット、

発券できず…。

「eチケットがあれば大丈夫です。」

と、地上スタッフさん。

その言葉を信じて(?)、

いざ出国。

f:id:Nagoya1976:20160727132725j:plain

免税店には見向きもせず、

nagoya1976.hatenablog.com

ANA SUITE LOUNGEへ。

前回同様、一歩足を踏み入れるとスタッフさんが歩み寄って来てくれました。

そして、希望の座席まで案内。

その会話は、

「禁煙ですか?」「喫煙ですか?」という

ファミレス等で定番化しているものではありません

この瞬間から、庶民の自分にとっては、既に

非日常。

 

さて、

朝食を十分に食べていなかったので、

f:id:Nagoya1976:20160727145719j:plain

遅めの朝食。

ただ、この後にコース料理が待っています。

食べたい気持ちをグッと抑え、控え気味の食事。

 

そして、いよいよ

f:id:Nagoya1976:20160728002845j:plain

約12時間お世話になる機材を撮影し、

搭乗。

 

f:id:Nagoya1976:20160728004018j:plain

離陸。

約12時間のフライトの始まりです。

 

そして、

f:id:Nagoya1976:20160728004751j:plain

コース料理の提供開始。

食前酒として戴いたのは、修行僧定番の(?)

シャンパン」。

しかし、

小心者の自分は、多くのブログにあるような素敵な写真は撮れず…。

それでも、この後は、

nagoya1976.hatenablog.com

我が家にいるような時間を天空にて過ごさせて戴きました

窓の外は、

f:id:Nagoya1976:20160728011824j:plain f:id:Nagoya1976:20160728011952j:plain

当たり前ですが(?)、終始このような感じ。

ただ、着陸前に

f:id:Nagoya1976:20160728020425j:plain

雲の塊の中に突入。

「ふわっ」という、

ジェットコースターに乗った時の感覚を味わいました

ちなみに、

国内線で定番の「揺れても飛行上の安全性に問題はありません。」

というアナウンスは、

国内線だけ?

それとも、少し危なかった??

(そういうことは無いと思いますが…)

ともあれ、無事に雲を抜けて、着陸。

そして、時差ボケの影響以外何も無く(やはり、ビジネスクラス!!)、

f:id:Nagoya1976:20160728010828j:plain

ブリュッセル国際空港に到着しました。

 

そして、ここでも免税店には目もくれず、

nagoya1976.hatenablog.com

ラウンジへ。

そして、しばしのんびり。

 

幸い、

ラウンジに入場する際、レセプションでブリュッセルコペンハーゲン間のチケットについて確認したところ、

「問題無い」

というGOサイン。

心配することは何も無くなり、

搭乗時刻ぎりぎりまで、ラウンジでのんびりすることができました。

 

こちらは、

f:id:Nagoya1976:20160728040308j:plain

ブリュッセルコペンハーゲン間でお世話になった機材。

見ての通りの「小型ジェット機」です。

日本では既に日が変わっていたため、着席と同時に

睡魔が…。

そこで、寝ることに…

 

 

ところが、

熟睡できず!!

成田-ブリュッセル間の快適なフライトとは打って変わって、

眠いにも関わらず、断続的に目が覚めます

ひどい…

 

結局、くたくたに疲れた状態でコペンハーゲンに到着。

そして、

電車でわずか数駅(15分ほど)、36DKK(約540円)で

f:id:Nagoya1976:20160728132524j:plain f:id:Nagoya1976:20160728133102j:plain

コペンハーゲン中央駅に到着。

 

中央駅から一歩踏み出すと、

f:id:Nagoya1976:20160730230632j:plain

チボリ公園!!

駅の目の前にあるとは…。

nagoya1976.hatenablog.com

 

残念ながら荷物があるので、チボリ公園を横目にタクシー乗り場へ。

そこで、ちょっとしたアクシデント。

「ホテルは直ぐそこだ。」

と荷物を載せた後に断られる(?)始末。

トラブルは起こしたくないし、それほど遠くはないことを既に知っていたので、歩いてホテルへ。

 

しかし、

すぐに後悔。

f:id:Nagoya1976:20160731104014j:plain

コペンハーゲン中央駅)

分かりますか?

 

欧州特有の「舗装」による洗礼です

f:id:Nagoya1976:20160731104830j:plain

デザインなのでしょうか?

確かに、見た目は悪くないのですが…。

とにかく、スーツケースと一緒では

大変でした。

さらに、ところどころに

f:id:Nagoya1976:20160731105247j:plain

このような試練。

ちなみに、写真の左側は、自転車専用道路。

結局、途中からは、自転車専用道路を歩かせてもらいました。

そして、15分ほど歩いて(「直ぐそこ」と言われるほどの距離では無かった…)、

f:id:Nagoya1976:20160731110432j:plain

ホテルに到着(この写真は翌日に撮影)。

nagoya1976.hatenablog.com

 

約24時間に渡る大移動、

前半戦終了です。

 

スポンサーリンク