心の風に吹かれて~白い雲のように~

41歳のANA DIA会員(2年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

ANAマイレージ修行:ソラチカカードは、フル活用すべき! 名前に偽りなく、「空」と「地下」でマイルが貯まる最強のカード!!

最近度々紹介している、

ソラチカカード。

ポイントサイトで獲得したポイントをANAマイルに交換する中継地として、確固たる地位を獲得しています。

ただ、それだけでは、

もったいない(?)。 

nagoya1976.hatenablog.com

次に該当する人は、「フル活用すべきなのでは?」とふと思いました。

  • 東京都と東京都に隣接する県に在住の人
  • 東京によく出張(旅行)する人

繰り返しになりますが、

ソラチカカード、

メトロポイントPlusに登録し、土日祝日に東京メトロに乗車すると、

www.to-me-card.jp

乗車1回あたり

13.5マイル相当のポイントが貯まります。

その費用は、165円。

つまり、

12.2円/マイル。

※ソラチカカード払いに由来するOkiDokiポイント経由で最大1.65マイル加算されるので、実際には、10.9円/マイル

 

さて、このマイル単価は、どれほどのものでしょう?

現在、自分はANA SFCゴールドカードを保有。

www.ana.co.jp

そして、ダイヤモンドメンバーの1年目。

www.ana.co.jp

搭乗の際に獲得できるマイルにおいても、優遇されます

 

この「かなり恵まれた条件(?)」の下、どれ程の効率でマイルを獲得できるか調べてみました。

 

旅割55の場合

  • 羽田-千歳:14290円(旅割55)、841マイル(17.0円/マイル)
  • 羽田-名古屋:7500円(旅割55)、317マイル(20.2円/マイル)
  • 羽田-伊丹:8690円(旅割55)、462マイル(18.8円/マイル)
  • 羽田-福岡:12490円(旅割55)、935マイル(13.4円/マイル)
  • 羽田-那覇:17290円(旅割55)、1623マイル(10.7円/マイル)

※9月19日の運賃、ANA SFCゴールドカード保有かつDIA会員1年目の条件

「羽田-那覇」線は、優秀ですね。

 

プレミアム旅割28の場合

  • 羽田-千歳:32490円(プレミアム旅割28)、1402マイル(23.2円/マイル)
  • 羽田-名古屋:11700円(プレミアム旅割28)、530マイル(22.1円/マイル)
  • 羽田-伊丹:20400円(プレミアム旅割28)、770マイル(26.5円/マイル)
  • 羽田-福岡:33690円(プレミアム旅割28)、1558マイル(21.6円/マイル)
  • 羽田-那覇:28590円(プレミアム旅割28)、2706マイル(10.6円/マイル)

※9月19日の運賃、ANA SFCゴールドカード保有かつDIA会員1年目の条件

こちらでも、「羽田-那覇」線は、優秀です。

 

旅割55から当日アップグレードした場合

  • 羽田-千歳:23290円(旅割55+当日up)、1402マイル(16.6円/マイル)
  • 羽田-名古屋:16500円(旅割55+当日up)、530マイル(31.3円/マイル)
  • 羽田-伊丹:17690円(旅割55+当日up)、770マイル(23.0円/マイル)
  • 羽田-福岡:21490円(旅割55+当日up)、1558マイル(13.8円/マイル)
  • 羽田-那覇:26290円(旅割55+当日up)、2706マイル(9.7円/マイル)

※9月19日の運賃、ANA SFCゴールドカード保有かつDIA会員1年目の条件

「羽田-名古屋」線以外、当日アップグレードを狙うべきですね。

 

まとめ

SFC修行終了後、あるいはDIA会員継続確定後にANAを利用する場合、

効率的なマイルの獲得を考え、

旅割55(さらには旅割75)を利用したいですね

(さらなる検証は必要であると思います。)

そして、あわよくば、当日アップグレード。

 

それにしても、東京メトロの初乗り乗車賃で獲得できるマイルの単価が

非常に優秀であることに驚きました。

ソラチカカード、

「空」と「地下」でマイルが貯まるという名前に偽りはありませんでした

 土日祝日は、東京メトロの初乗り乗車賃区間

最大限利用したいですね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク