心の風に吹かれて~白い雲のように~

41歳のANA DIA会員(2年目)が、「50歳には車イス生活」と宣告されて以来、思うままに書き綴るブログ。旅行、読書、子育て、ガーデニング、アクアリウム、昆虫飼育…そして病気のことについて情報を発信したいと思います。

スポンサーリンク

ホテル紹介:The Ritz-Carlton, Millenia Singapore

シンガポールで利用したホテルの紹介です。

The Ritz-Carlton, Millenia Singapore

(プレミアキングルーム)

特徴

場所:プロムナード駅から徒歩2-3分。

チャンギ国際空港からタクシーで20分ほど(24シンガポールドルくらい)

分類:ラグジュアリーホテル

詳細は、

www.ritzcarlton.com

 

ベッド

f:id:Nagoya1976:20160430150055j:plain

今回宿泊したのはプレミアキングルーム。

サイズは、キングサイズのベッド。

部屋の広さ:51 m²(Bookng.comから引用)

※スーツケースの置き場には全く困りません。

※シングルベッドとして使えるほどのソファーがありました。

 

デスク

f:id:Nagoya1976:20160430150511j:plain

奥行きは、ノートパソコンを3台並べて置けるほど十分に余裕有り。

横幅は、ノートパソコンを4台並べて置けるほど。

 

f:id:Nagoya1976:20160430151405j:plain

世界各国のプラグに対応したコンセントとiPadコネクタ(旧式)が机の横に有りました。

 

朝と夜とで、このように景色が変わります。

f:id:Nagoya1976:20160502092803j:plain f:id:Nagoya1976:20160502093818j:plain

デスクからの眺め(シティビュー)。

マリーナベイ側だと、マリーナベイサンズが見えるはず

 

LAN:無線、無料

スリッパ:有り

※他には、靴磨きとミネラルウォーターが有り

 

洗面所

f:id:Nagoya1976:20160430151917j:plain

まるで露天風呂のような眺めが得られるバスタブ。

※マリーナベイ側だと、マリーナベイサンズが見えるはず。

 

日中と夜とでこのように景色が変わります。

f:id:Nagoya1976:20160430162513j:plain f:id:Nagoya1976:20160501095351j:plain

マリーナベイサンズを眺めながらのバスタイムは、最高かもしれません

 

 

f:id:Nagoya1976:20160430152130j:plain

シャワールームが別途設けられています。

※バスタブとシャワールーム、トイレを含めた総面積は、8畳くらいはありそうでした。

 

バスタブ:有り

シャンプー類:シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ有り

バスマット:有り

バスタオル:有り

ハンドタオル:有り

ドライヤー:有り

歯ブラシ:有り

コップ:有り

※バスローブも有り

 

朝食

フロントがある3階の朝食会場(2ヶ所)でのビュッフェ形式。

洋食と中華が中心で、和食とインド料理も有り。

※ルームサービス可

 

まとめ・感想

3泊3名朝食付で1500シンガポールドル(1泊あたり500シンガポールドル

1泊あたり約40000円

予想通り(?)の高さです。

ただ、今回は家族3人で宿泊しましたので、1泊あたり1人13000円程度。

そう考えれば、普通(?)の価格のように思えます。

 

ちなみに、マリーナベイ側の部屋は、さらに高くなります。

なお、各階のエレベーターホールからマリーナベイを見ることはできます。

f:id:Nagoya1976:20160502115006j:plain

25階のエレベーターホールからの眺め。

 

左右に首を振ると、

f:id:Nagoya1976:20160502114601j:plain f:id:Nagoya1976:20160502113526j:plain

このような景色を目にすることができます。

(これらの夜景が見えると考えると、奮発してマリーナベイ側を予約する価値はあるかもしれません。)